大介

ルパン三世 カリオストロの城の大介のレビュー・感想・評価

5.0
個人的に「ルパン」は、シリーズごと、そのなかでもエピソードごとに異なったルパン像があり、それぞれすべてが「ルパン」だと勝手に思ってます。

日曜日の昼の一時間は「ルパンの時間」だった子供時代。どの「ルパン」も抵抗なく自分は好きです。

よく「こんなのルパンじゃない」とかいう批評を見聞しますが、まぁ人それぞれ…その人の意見や思い入れがあると思いますので、それはそれでいいとも思いますね。


で、この作品は自分の中では最高の作品でした。子供心に夢中になって観てましたね。その頃はもちろん宮崎監督は全然有名じゃなかったし、その存在なんか知らなかった。

最近、長い間観てませんが観賞回数は数えきれないです。今はもう無理ですけど、ソラで最後までセリフ言えるくらい観ました(笑)。


TVシリーズのルパンの2ndシーズンに2話だけ同監督が演出してる回があります。「死の翼アルバトロス」と最終話「さらば愛しきルパンよ」。

「アルバトロス」は不二子がとても魅力的(色っぽいって意味じゃなくて)なんですよね。あと、スキヤキのシーンがいい(笑)。

個人的には「さらば愛しきルパンよ」が大好きです。内容がいままでの「ルパン」を否定しているとされる裏設定に批判もありましたが(汗)。

「泥棒は平和を愛す」という企画段階の原題もとてもよくて、その題名のまま映画化してほしかったって後になってずっと思ってました。

クラリスやナウシカにそっくりなマキ(もちろん声も島本須美さん)が、ほぼラピュタのロボット兵(笑)に乗ってるなんて最高です。

やっぱり銭形もふくめてルパン一家が「カリ城」と同じテイストなのがいい。

また、「時間が余ったから」という理由でつくられた(笑)、あの余韻の残るラストシーンは本作のラストを彷彿とさせてくれます。


何が言いたいかというと、うまく言えないんですけど、たぶん自分は「カリ城」の「続き」や「同じ世界」のようなものが観たいんだと思います。上記二作、特に「さらば~」は繰り返し観てました。あと1stシーズンの「七番目の橋が落ちるとき」とか。



「きっと、きっとまた会えるわ」

劇中のクラリスのセリフ。

そう、自分もずっとそう思ってた。


いいトシしたおっさんになったいまでも、心の一部はあのときのまま、次に彼らと会えるのをずっと待ってる。

そんなふうに思えるものなんて、長い人生にいくつも出逢えるもんじゃないと思う。

この映画に出会えて本当によかった。