ルパン三世 カリオストロの城の作品情報・感想・評価

「ルパン三世 カリオストロの城」に投稿された感想・評価

小学校の時に梅田ニューOS劇場での鑑賞以来、ビデオ・DVD・ブルーレイ・デジタルリマスターなどメディアが変化するたびに、何回も何回も確認してきた思い出の作品。当時の宮崎監督は現在のように有名ではなく、一部のアニメファン(アニメージュなど)でよく取り上げられていた。本作は『未来少年コナン』の劇場版を作る予定が制作できなくなり、キャラクター設定が類似していることから、アイデアを流用した可能性が高い。
可愛いお姫様、悪党、大人の男と仲間たちの姿がうまく描かれていて、今も色あせることのないアニメを超えた素晴らしい映画。
リョカ

リョカの感想・評価

4.5
冒頭の、ムーディな歌謡に合わせたOP映像でかっこよさと悲哀を見せてくるのほんとやめな?素敵すぎるからやめな?普段おちゃらけてるおじさんたちのそういう一面見ちゃうと弱いんだなあ。
「お城で育ったお姫様と、彼女をきまぐれに助けた泥棒のおじさんのお話」という印象を持っていたけどそうじゃない、逆だった。
先に助けたのはルパンではなくクラリスの方。この救出劇は言ってみれば鶴の恩返しだったわけだ(最初から姿を明かしているけど…)。それでもルパンはルパンで泥棒なりの流儀をもっていて、彼女を「助ける」ではなく「盗み」にくる。彼女をあの要塞から救い出したのは、彼女自身の過去の善行だった。ルパンが再びカリオストロを訪れることになったのは、彼にとってはふとしたことがきっかけだったかもしれないけど、大きな枠組みでみたら偶然じゃなくて必然だったんじゃないかな、彼女の恩に報いるための。
昔話よろしく、住む世界の違う者同士、一緒にはいられない。あの銭形警部の名言を持って閉幕する。そして♡絶対女神フジコちゃん♡がルパンをまた元の闇の世界に連れていくのだ。
わたしはクラリスになりたい。
K10

K10の感想・評価

4.1
記録
ジブリの中で、そしてルパン三世映画シリーズの中で1番好きかも。
ルパンだけではアニメのクオリティに問題があり、ジブリのキャラはクセがなさ過ぎる。
それぞれの欠けてる部分を上手く補っている名作。
Koshi

Koshiの感想・評価

3.8
記録
188
まさに名作。
何度見ても飽きないし、今見ても映像が綺麗で素晴らしいと思う。
kuroday

kurodayの感想・評価

3.5
冒頭からエンディング、そしてテーマ曲まで、見事な演出に脱帽。
宮崎駿の初監督ということで、今にして思うとここに現在に引き継がれる様々なエッセンスが見え隠れする。
この映画、ブルース・ウィリスやトム・クルーズがルパン役だとしたら、なかなか面白い映画になるんではないだろうか?と勝手に妄想してしまった。
余談だがきつねうどんなどカップ麺が映像中に出てくるところなどにも宮崎駿の遊びココロが感じられる。
>|