いち

スチュアート・リトル2のいちのレビュー・感想・評価

スチュアート・リトル2(2002年製作の映画)
3.0
一人の男として生きること

かわいいねずみのスチュアートリトル第二弾!癒しのファミリー映画です。

今回は前回の家族として生きることではなく、みんな成長し、一人の人間(ねずみですが)として、生きることがテーマとなってます。
成長し、お兄ちゃんとなったスチュアート。
けれども、体は小さいため、ママは何をやるにしても心配。
けれども、パパはスチュアートのやりたいことを尊重したい、ただ、小さい体な故、兄に依存しなければならない、でも、兄も他にもたくさん友達が増えてな、でもでもな課題がたくさんの中、かわいい鳥の女の子が空から落ちてきて、彼女と出会い、成長していきます。
難しい問題ですが、兄や家族に依存することなく、一人で頑張ろうとするスチュアートの姿と、改めて感じる家族の大切さにほっこりします。


個人的には前作のが好きですが、短くて、ほっこり癒されるファミリームービーなので、家族と一緒に楽しめる作品です。