チェダー

青の炎のチェダーのネタバレレビュー・内容・結末

青の炎(2003年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

原作は「黒い家」や「悪の教典」を書いた貴志祐介で、自分はこの作家さんが苦手でやけに性描写などがリアルで生々しく正直気持ち悪いなと思っており苦手。

映画は原作よりあっさりとした感じで描かれていたのでサラッと観る事ができた。原作は自分が中学の時に読んでいたので、心にグサッときたのを覚えている。
彼は、家族を守りたかった。ただそれだけの事なのに。あんな形で終わるのは切ないし悲しかった。