シッコの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「シッコ」に投稿された感想・評価

2019年271本目
日本にも通じるところが多々ある
なぜあの国がそんなに憧れられるのかしら、と疑問にしか思えない、そんな映画。カナダばんざーい🍁
華氏911後に大人気監督扱いだったので、天の邪鬼の自分は作品をスルー

コレはイギリスやフランス等ヨーロッパの国々が税金は高いがその分、社会保障が充実してるというのをムーア監督自ら説明・案内するドキュメンタリー…だが、そんなに堅苦しくはない

たまたま人から借りた、唯一の作品のコレを観て中々勉強になったよって感じ…
マイケルムーアがやる、「バカなアメリカ人のふり」割と好きなんだよね。
Aaaaaaam

Aaaaaaamの感想・評価

2.8
アメリカの保険制度がめちゃくちゃ怖いし、アメリカに住むのは正気か?ってレベルの理不尽さ。保険おりないので、どうぞ帰ってくださいという言葉なく、病衣を着た患者をタクシーに押し込んで追い出す世界。高額な医療といえば、医薬品だけどキムリア。あれを保険適応させるとなるとむちゃくちゃ難しいんだろうし、貧困層は使用できないんだろうなあ。アメリカのドキュメンタリーみてると、アメリカに追随する日本を思ってしんどくなる。
フランス政府は国民からの抵抗や反応を恐れている
アメリカ国民は政府を恐れている

富めるものが貧しきものと富を分かち合うというのは当たり前ではないのか

人は助け合う
CONAN2

CONAN2の感想・評価

4.5
アメリカ社会の“闇”と“幻想”を強烈に見せつけられます、ヨーロッパ文化の“凄さ”も実感させられます、ドキュメンタリー映画として 秀作!
藍沢

藍沢の感想・評価

3.8
19/1/14
社会保障の講義で出てきたので鑑賞。

なかなか充実したドキュメンタリーだった。アメリカだけじゃなくてカナダフランスキューバと比較されてて興味深かった。

アメリカの救急車を呼ぶのに保険会社の承認?許可?がないと保険が降りないって話は笑った。交通事故に遭ったのに携帯拾って救急車呼ぶ前に保険会社に電話かけるの??いかれてる。って正にその通りです。
アメリカでは基本的人権として国に守られるべき権利でも個人の責任なんだなあ。失業したら生活が保障されないし、全てを失って野に放たれざるを得ない。したがって過労は避けられないし、それによる睡眠障害や不健康な状態を一時的に無視するための薬代でお金は舞う。負のスパイラルよね。人間を何だと思ってる?という感じ。

カナダの薬代の上限が6.65ドルっていうのは知らなかった。何で7ドルじゃないんだろう。数字の根拠が気になる。

フランスの福祉の充実ぶりには驚いた。保育は1時間1ドルでほぼ無償、学費はかからず大学まで行ける。「この国には絶望感がない」ってそんな国あるんだな。子育ての助っ人として乳母さんを国から派遣してくれる。医療も往診が充実してて、医者が飛んできてくれる。国のあり方としては素晴らしい。

キューバは物価がそもそも違うのかもしれないけど、医療は抜かりないみたい。

個人的には、居宅と教育と医療は国が保障するべきだと思ってる。人として在るために必要不可欠だし、国を支えるのは人だし、国は国のために人を大切にするべき。
アメリカの国民皆保険は社会主義だ!!医者の自由が阻害される!超管理国家の始まり!みたいな思想は本当に謎。

「人を殺すお金があるなら人を助けるお金もあるはずだ」
鍵子

鍵子の感想・評価

-
大学の社会保障の講義で鑑賞。

気分悪くなった。自分があまり健康な類の人間ではなく貧しい方の人間だから。

まだシュールコメディと言えるかもしれないけど医療が自由市場となってしまったら十分ありえるんだろうな

ところでこのアメリカとかいう訴訟社会なわけだし、保険会社たちは訴えられまくってるのかな?
yokioubt

yokioubtの感想・評価

4.3
マイケルムーアの映画は笑えて泣けて最高に面白い。ほんとアメリカって国はイカれてるわー。