TOKYO!の作品情報・感想・評価

「TOKYO!」に投稿された感想・評価

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ、3人の監督によるオムニバス。

ミシェル・ゴンドリーは、加瀬亮が自主映画監督役を演じていることもあり、前半かなり自主映画臭さがあり、これハズレかなと思ったが終盤のぶっ飛び展開で面白くなる。

カラックスはまったく面白くない。「糞」という名前の怪人が、ゴジラのテーマに乗って下水道から現れ、お前ら日本人は皆んな糞だみたいに言う話。寓意にしてもレベルが低い。

ポン・ジュノは3作品の中でいちばん映画的で、ひときわ光ってる。「引きこもり」という切り口も面白い。アジア人だからなのか、東京という街の撮り方を分かっている。なにより蒼井優が、蒼井優史上いちばんくらいに可愛く映っている。
た

たの感想・評価

3.6
日本という国が外国から見てこんな風に見えているのかと思った。ストーリー3(?)では、色気のある蒼井優のなんとも言えない表情が魅力的だった。登場人物の心情変化を地震で表現したなんとも日本らしい、というか皮肉なのだろうか。
ゆー

ゆーの感想・評価

-
押しちゃった
shiori

shioriの感想・評価

4.0
ミシェルゴンドリィ と聞いたら最後 観ずには居られません。名前をみると なんだかメリィゴーランドを連想するのは わたしだけでしょうか。3作とも善かった。 椅子になって暮らしたい 。メルドを解放せよ 。釦のTATOOをいれたいよ。ぐるぐるぐるぐる なにかがまわる。それはきっと メリィゴーランドなのでしょう。
鈴渚

鈴渚の感想・評価

-
東京の空虚なんだけどその空虚さに惹かれてしまう雰囲気。そこから抜け出せない。
海外の三監督から見る東京。三者三様だが、ひとつ言えるのは東京はとにかく歩きたくなる街
顔夕

顔夕の感想・評価

3.8
3つそれぞれ雰囲気は違うけど、どれもなんか皮肉っぽいのが面白い

最後のポンジュノのSHAKING TOKYOが一番好き
蒼井優がかわいく撮れてる

オープニングとエンドロールの曲が良い
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ゴンドリー、カラックス、ポン・ジュノ…ひと癖ある監督たちが、東京を題材にして作り上げたオムニバス。

それぞれに監督の色が出ていて、なかなか楽しませていただきました。

何処の国でも大都市ってのは、ネガティヴな空気感を漂わせてしまうもの。

そこに人が引き寄せられるのは…
パリへの幻想と同じ理由ですよね。
写真映りが良いんですよ(苦笑)

でも、そこに身を置いて見えてくるものは…煌びやかな大通りから、少し入ったトコの裏路地みたいな…あの感じ。

掃いて捨てたエゴの吹き溜まりになっていて、猥雑さと白々しさとを塗りたくった…
大都市のケロイド。

ゴンちゃん作品は…片隅感が好き。
コンパクトなのにゴンちゃん色。
小さくても都市の一部って感覚。
道端で弾き語りしてる…みたいな感じ。
一番優しい作品でした。

カラックス…まんまmerdeなのね(^_^;)
東京の傲慢を「白い目」で見てるのかな。
個人的なイメージだとキリストの受難を想起しました。過激だけど、抑圧されたマイノリティの憤懣だったりを具現化したようなストーリー。

ポンさんは…一番好きな雰囲気だった。
でも、めっちゃシニカル。

香川照之が引き篭もる、ギュウギュウに整理された家の中が、東京そのものに思える。外から見ると雑草まみれの廃墟ってのも…なんとも皮肉な描き方。

蒼井優も…なんだか自販機を想起しちゃいました。「love」さえもボタンひとつで手に入る…全自動の便利さと無機質さ。

大揺れで人々が飛び出してくるのも…
何か大変な事が起きないと、対外的な動きを見せない島国を想わせてくれます(^_^;)
ちょっと寂しくなるストーリー。

皆さん、授業の時間です🤓(何w)

あなたの街を紹介してください。

そこは…どんな街ですか?

なんてね(笑)
3人の外国人監督がそれぞれ「TOKYO」を題材に撮ったオムニバス映画。
田舎者の僕が、何故こんなにも東京に憧れているのかが、この映画の蒼井優を見て分かりました。
ニウ

ニウの感想・評価

3.4
20141127
>|