朱塗りの箪笥

グロテスクの朱塗りの箪笥のレビュー・感想・評価

グロテスク(1995年製作の映画)
3.2
狡猾なキツネ、ウジ虫、肉欲の象徴ヒキガエル、恐竜の化石が巣食うでっかい洋館、美少年と人妻と執事とメイド、冷めてそうでベチャ不味そうなスープに豚の頭とケーキもぶった斬りな食事、甘い情事、頭の弱い肉係と骨の転がる湿地帯、儀式チックな蛙毒の抽出シーン、カツラ乗っけたベタ裁判なんかも観れる。
ホラーってよりはダークファンタジーっ気のある適当なミステリー?
スティングの妖演振り好いんだけどコレだと小物感は出さない方がもっと好かったかなぁ。

あんまり面白くはないんだけど夢の中を彷徨うと言うか、霧に包まれてポケ〜っとそのまま眠くも鳴るかな〜って感じ。

とりあえず雰囲気だけ心地好く堪能しました。