Jaya

砂の女のJayaのネタバレレビュー・内容・結末

砂の女(1964年製作の映画)
4.9

このレビューはネタバレを含みます

とにかく岸田今日子が凄まじかったです。彼女でなければ成り立たない映画だと思わせられます。岡田英次は雰囲気出てましたが、正直下手です。

モノクロでなければならなかった映画だとも思わされました。「砂」に色味が付いていたら、果たしてこれほどの象徴性が出せていたのか。
どうやって撮ったのか、砂の描写も見事でした。原作からするとセット撮影でいくらでも陳腐になりかねないと思いますが、効果的な挿入カットもあってか、かなりのリアリティーが出ていました。前半部での脱出不能感を出す技量は途轍もないと思いました。
そして音楽も素晴らしい。流石としか言えません。
クライマックスとも言える「あれやってみろ」のシーン、音楽とカットに心から痺れました。

徐々に諦観と適応の度を増していく主人公、これという転換的なシーンはほぼないはずなのに、とても自然な帰結のように見えました。やはりカットの入れ方が上手いからかなとは感じました。
急いで逃げる必要はない、と漏らすまでの心の変容を見事に描き出していたと思います。

原作に比して当然カットしているシーンも多く、結果として主題も微妙にずれてはいます。が、映画によってしかできないことをやり遂げ、原作から離れてそれを見事に映画として昇華させ、独自の視点を提供することに成功している、稀有な傑作だと思いました。