まりまり

風と共に去りぬのまりまりのレビュー・感想・評価

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)
5.0
田舎町の小さな映画館で、「風と共に去りぬ」がリバイバル上映された事があります。私が、拗ねた高校生だった頃。
人の少ない劇場で身じろぎもせず4時間。

2回目に入った時に館主が「今日は(学校)休み?」「試験休みです(しどろもどろ)」

3回目「…」

4回目「タダでいいよ。来週ここ閉めるから。この作品好きだったから最後はね…」

当時は何ら響かなかった館主の言葉が今になって心に沁みます。

昔住んでいた町はすっかり変わり、一軒の映画館もありません。町が変わる手前の(おそらく最後の)頃?に過ごせて、そして心に刻まれた名作と映画館に出会えた私は幸せだと思います。