TAKA

風と共に去りぬのTAKAのレビュー・感想・評価

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)
4.8
2019-113-086-027
2019.6.9 TCららぽーと横浜 プレミアScr.

・本作もまた完璧な映画。
古き良きハリウッドの傑作
・アメリカ
・迷惑な女。だけど・・・
(追記。)
・マミーみたいになっちまうぞ。そしたら

午前十時の映画祭10-FINAL 5本目

再見。

本作もまた完璧な映画。
そしてもう同じものは作れない作品。
古き良きハリウッドの集大成と言ってもいい傑作でしょう。

実際に鑑賞しても、長さを感じない。
やはり「スター」の存在感や演技は素晴らしい。

そしてアメリカを感じます。
アメリカの歴史を。
南北戦争、
そして奴隷解放を巡る争いが
アメリカ人の心に残した傷跡を。

そしてもう一つ。
本作を思う度、タモリさんが昔言ってた(と思う)
「俺は見ない。なんで九州男児がアメリカ人の女のメロドラマなんかみなくちゃいけないんだ!?(*`Д´)ノ!!!」
という主旨の発言を思い出します(笑)

ま、そうなんすよね(爆)
ヾ(≧∀≦*)ノ〃
俺もこんな迷惑な女、好きになれないもん(笑)

だけど
人間としての強さは感じる。
てか素晴らしい。
どんな困難に陥っても絶対に諦めない!
生き抜いてやる!
その強さには
称賛を禁じ得ない。
人間としての力に惹き付けられてしまう。
そう感じさせる演技。スター。
素晴らしい。

間違いなく傑作です。
減点は迷惑な女減算(笑)

追記。
・多分最初はTVでみたんです。
ガキの頃。
で、その時、レット・バトラーと結婚して喰いまくるスカーレットをみて、バトラーが
「そんなに喰ってるとマミーみたいになっちまうぞ。そしたら離婚だ」
っていう台詞があって。
(そう思っていました)
カッコいい~♪゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚
って感動して覚えてしまってたんです。
そんなことをさらっと冗談として言えてしまう、大人の男と女の関係が(^_^)
勿論、バトラーはスカーレットを深く愛してるの、分かってます。
おっさんになった今は尚更(^_-)♪
だけど時代のせいか、今回の翻訳はソフトな表現に変更されてしまってました。
どなたか覚えてる方、共感して頂ける方、いらっしゃいませんか?
。・゜゜(ノД`)
(^_^)(笑)