風と共に去りぬの作品情報・感想・評価・動画配信

風と共に去りぬ1939年製作の映画)

Gone with the Wind

上映日:1952年09月04日

製作国:

上映時間:231分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「風と共に去りぬ」に投稿された感想・評価

ひつま

ひつまの感想・評価

5.0
"I'll never be hungry again"
「私は決して二度と飢えない」


その手で幸せを投げ捨てて、そして絶対に幸せにしてくれそうもない物の方に向かって手を伸ばしている。

喪服といえどそれはドレスであって服だけでなく家具、映るもの全てが美しく豪華。

そしてあの余韻を残す終わり方に想像掻き立てられました。

失って初めて大切な物の重さに気付く。
前半と後半ではガラッとスカーレットとゆう人物像が大きく変わります。

前半の彼女は素直では無く世間の常識ってのを考えずに次々と壊していく傲慢な女性でした。私たちが普段できない振る舞いだから惹かれたのかそんな彼女を見ていてとても面白かったしどこか憧れていました。後半まで言うとかなりのネタバレになりますので言いませんが私としては、スカーレットの生き方とビジュアルの美しさ、そしてあの一人でも生きていくぞ!!ってゆう強さに引き込まれてしまい大変魅了されてしまいました。

スカーレットになりたいっておもった
映画で初めてなりたい願望芽生えた

これまた最高の映画に出会えました今年1です!
好きになり過ぎて2日連続鑑賞中。

感想を見ていて思ったのが
女性はスカーレット好き多いのですが男性にはスカーレットウケ無いみたいですね。
m

mの感想・評価

3.7
記録
rri

rriの感想・評価

4.2
よく出来ている。終わりよし
思い出ある映画
べりぃ

べりぃの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スカーレットのどんなことがあっても自分の意志を貫く精神には感心する。
金さえがすべて、好きでもない人と結婚した上に好きな人に告白する。それも人生なのか。それだけは理解できなかった。
スカーレットはおもしれぇ女。
ふーん面白え女
3時間ぶっ通しで見飽きない女

日本の映画は自己犠牲(というとマイナスイメージが強いけど、子を守る母とか、友を助けに危険を冒す、とかのことを言いたい)に焦点を置くことが多いのに対し、
ハリウッドの映画は自己成長に焦点を置くことが多いらしい。

この映画は自己顕示欲にまみれ他人のものをすぐ欲しがるとんでもクソガキベイビーの小っ恥ずかしい黒歴史激アツ成長物語だ
元祖ツンデレだ。
この最後の「デレ」の数分のための壮大な映画だ。

スカーレット様には晩年に「私はそうね…浮世に名を馳せたとんでもクソビッチだったわ……」と孫に語ってほしい

有名な台詞「明日は明日の風が吹く」は邦訳版でしたか…!知らなかった

間違いなく私に子供ができたらメラニーと名付ける。

ちょっとだけネタバレだけど、
最後は全部売っぱらって子供引き取ってイチからやり直すと思う
だって聖母メラニーの言伝だから
そんでやっぱりレットはスカーレットに骨抜きだから。あんなおもしれー女ロンドンにいる訳がないのよね。一生振り回されて、けど結局彼女の隣にいたくなると思う。
そんでめちゃくちゃ大変だけどめちゃくちゃ幸せだと思う。

貴族版カルメンとも言える(?)スカーレットは、
全てを失った。けど帰る場所があった。
実家って大事だなぁ。
そんで心傷ついて古巣に帰省すると気付けることあるよね。やっと曇ってた視界が晴れて、やっと大事なものに気付けてよかったね。
だからこの映画の続きのスカーレットはもう大丈夫だと思う。

霧はいつしか晴れるし、
やっぱり明日は明日の風が吹きますよね!!!




一昨日亡くなった祖父が好きな映画で、弔いナイトだったので観た。
祖父は「日本軍がヒーヒーしちょる間にアメリカはこんな映画を作ってたんだ!!!そりゃ負けるわガハハハ」とよく言ってたらしい

何もかも美しくて、いじらしくて、
確かに良い映画でしたよじーちゃん

(待って…ばーちゃんちょっとスカーレットオハラみあるぞ……じーちゃんそゆことなん…?)
G

Gの感想・評価

2.8
こんな浮気性の女は嫌だなぁ😓
どんな困難にも負けないスカーレット・オハラがほんとに大好きです。
hide

hideの感想・評価

4.0
再鑑賞
南北戦争真っ只中の激動の時代を生きた女性スカーレット・オハラ。
ただただ自己主張の強く自信家で我儘な女性というイメージから、様々な困難を経て強く逞しく真っ直ぐ生きるかっこいい女性というイメージに変化していった。

対してメラニーの懐の深さはまさに聖母、、
病弱でありながらも芯が強く、ひたすら純粋で優しい。

どんなことがあっても挫けず前を向いて進む力をスカーレットからもらえる。壮大な映画でした。
>|

あなたにおすすめの記事