風と共に去りぬの作品情報・感想・評価

風と共に去りぬ1939年製作の映画)

GONE WITH THE WIND

製作国:

上映時間:231分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「風と共に去りぬ」に投稿された感想・評価

Kuuta

Kuutaの感想・評価

4.2
いつ見よういつ見ようと長年思い続けて、午前10時の映画祭にてようやく初鑑賞できた。

メインの4人はいずれも漫画のように色分けされた性格の持ち主だが、その性格を本当に貫けるのか試されるような場面が多く、ドラマが一面的になっていない。女好きのバトラー(クラーク・ゲーブル)がスカーレット(ヴィヴィアン・リー)の愛を得られず、娘に傾倒していく。不倫が疑われる誕生会でのメラニー(オリヴィア・デ・ハヴィランド)の態度は、形だけ見ると「メラニーは終始聖母のようだった」んだけど、心中穏やかではなかったのでは、と観客側が想像できる。職業柄なかなか表立っては出てこない娼婦のベルの思いも泣かせる。

しかもその内心をセリフでほとんど語らせないので、全く冗長になっていない。3時間52分あるのに冗長にならないって相当すごい事だと思う。テンポの良いドラマだけで構成され、かつこの上映時間ということで、かなり濃密な映画になっている。見終わって少し経った今も頭が情報処理できていないし、細部まで注視する余裕も全然無かった。

作り込まれた巨大なセットの数々に、とにかく金掛かっているなぁと驚かされた。序盤の舞踏会の色鮮やかさに感動。南北戦争の負傷者がカメラの引きとともに広がっていくシーンは唯一無二だろう。

前半ラストシーンの、真っ黒なスカーレットの表情が浮き上がってくる所など、影絵のような見せ方が強烈な印象を残す。カラー映画の黎明期だからと言うべきか、黎明期なのにと言うべきか。

時代に翻弄されながら我を通して生き抜いたスカーレット。まさに大河ドラマの定番。戦争が終わり、苦労を重ねて生活は豊かにはなったが、心は満たされない。戦後日本でヒットしたのは当時の観客が自分の境遇に重ねた部分もあったのかもしれない。個人的には、「霧の夢」に象徴されるスカーレットの内的な葛藤にフォーカスされる後半よりも、単純に時代の変化がドラマチックだった前半の方が面白かった。83点。
lenochi

lenochiの感想・評価

3.5
2018/05/05
浪人生のとき 祇園会館で観た。途中に休憩時間が入った。
bachy

bachyの感想・評価

4.8
この作品を観たのは、まだ小学生の頃だったと思う。
金曜ロードショーで、水野晴郎さんが解説していた頃です。

10歳離れた姉が、観たいというので付き合って観たような気がします。

当時、ヒロインといえば、赤いシリーズの山口百恵のような清純で病弱で性格がすっごく良いヒロインしか見たことなかった私は、
スカーレット オハラというヒロインを観てかなりの衝撃を受けたのを覚えています。

お嬢様で、わがまま、思い通りにする為だったら何でもする。
女の友達誰もいない…かなりのビッチです。日本のドラマだったら、絶対意地悪役なんです。
しかし、ヴィヴィアン リーという
女優の美しさと気品、特に視線の怪しいまでの使い方に、子どもながらも虜になってしまったのです。
クラーク ケーブル演じるバトラーも成金だけど、いざというときには、戦争にも加担する、本当にこの上もなくタフなの男なんです。
そして、女性にはとても優しい。

壮大なタラのテーマと共に勝気なヒロイン スカーレット オハラがどなんにどん底につき落とされても
決して負けないシーンは、運命に負けるな…と女性にメッセージをおくった作品だったと思います。


水野晴郎さんの、『いやー、映画って本当にいいですね』
本当にそのとおりです。
私を映画好きにした1本です。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.5
·19/09/15:TOKYO-MX アカデミー·コレクション【初鑑賞】
YOU

YOUの感想・評価

3.7
1940年。こういう映画が評価されていたのか。
アメリカ南北戦争当時のアトランタ、こんなにも悲惨だったとは。
絶望的になったとき、タラという土地への誇り、絶対的な拠り所を見出だして再び生きていくスカーレット!私は嫌いじゃない!

ちなみに「Gone with the Wind」を「風と共に去りぬ」って訳した人は天才だと聞いたことがあったけど、たしかに。
じっくり考えて寝れそう😪
あ

あの感想・評価

4.1
うひゃー進歩的!!
どすこい!おんなオハラ一代記!!
ブロックバスター!!

ちょーっとメラニーちゃん良い娘すぎんよ~
Mamire

Mamireの感想・評価

3.0
やっと観た、約4時間。
ついにカーテンドレスの引用がわかった。
これ全部実際に撮ってるのか〜と思うととんでもない規模の映画。スカーレットを愛せなかった。
KKKがこんな形で描かれているのはやっぱり少し違和感ある。とにかく長かった。笑
yochi

yochiの感想・評価

5.0
中学生の頃NHKで観たかな?
お尻がしびれた記憶あり。

それから原作を3回ほど読みましたが、読んだ年齢で感想が変わる名作。
>|