KJパスト代理人

ザ・チェイスのKJパスト代理人のレビュー・感想・評価

ザ・チェイス(1994年製作の映画)
3.6
無実の罪で追われる身のチャーリーシーンは逃亡の末、セレブ娘にチョコバーを押し付け誘拐、果てしないカーチェイスを繰り広げる。

タイトル同様、ずーーとカーチェイスをする映画。

典型的ストックホルム症候群映画でもある。

しかし中々これが面白い。

密着24時中の警官がTVクルーの前で調子に乗りまくったり、イカれた賞金稼ぎが横から突っ込んだり。

まさかの追われながら運転しながらのカーセ◯クス。

カーチェイスだけを楽しむ作品。

ラストのオチはB級アクションにしては珍しい変な余韻を引きずらせる。