もりもと

雨に唄えばのもりもとのレビュー・感想・評価

雨に唄えば(1952年製作の映画)
3.9
午前十時の映画祭でやっていたので観た。

スクリーンで観られて本当に良かった!

雨の中のシーンもいいけれど、ドナルド・オコナーが踊っているシーンがどれも良かった。
彼が嫉妬深いキャラクターでなくて本当に良かった。平和な世界。

同録の撮影に切り替わった途端、現場がピリピリするという描写があるあるで笑った。

ラストで男3人が幕を上げるくだりが痛快だった。


もう一度観たいと思える名作。