4

雨に唄えばの4のレビュー・感想・評価

雨に唄えば(1952年製作の映画)
-
素晴らしすぎるミュージカル映画。
歌もダンスも完璧すぎた。名作中の名作。
ミュージカル映画の面白さが詰まっていて、観ているだけで楽しくなる。
主演の三人のすごさがよくわかる。他の人に代わりはできない存在感があった。
サイレントとトーキーの違いも時代の流れと共に感じることができて面白い。画面に映らない空間も映画の面白さのひとつだよね。
大雨の中で傘もささずに歌うのって本当に楽しいのかな。今度やってみたいな。