雨に唄えばの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(5館)

雨に唄えば1952年製作の映画)

Singin' in the Rain

上映日:1953年04月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

「雨に唄えば」に投稿された感想・評価

ryusan

ryusanの感想・評価

5.0
数あるミュージカルの中でも最高峰。筋良し、唄良し、踊り良し、役者も良し。こういう何度観ても色褪せない作品がもっともっと増えると良いな。

映画好きを名乗るなら必ず観るべきアイウエオ映画
雨のシーンは圧巻!
リーナは悪知恵が過ぎるけど現実では成功するタイプ
煽てられて伸びるタイプのドン
チャンスを掴んだキャシー
ミュージカル映画の最高峰、まさに神映画。
とにかく、タップダンスが素晴らしすぎて、目を奪われっぱなし。
特に、ジーン・ケリーとドナルド・オコナーの親友コンビのタップのシンクロ率は空前絶後。
何度でも見たい。
ダンスだけで言えば、ジーン・ケリーよりドナルド・オコナーの方がすごい。
ドン、コズモ、キャシーの3人で歌い踊るシーンで、ソファをすっと倒すところが好き。何気なくやっているが、どれだけテイクを重ねたのだろうかと、想像してしまう。

この神映画を、大スクリーンで見ることができて、至高の体験でした。
ただ、リナの高い声がちょっと気に障ったのでマイナス。
もっとも、わざとこんな声なんですけどね。
ジーン・ヘイゲンは普段は普通の声です。
https://trailers.moviecampaign.com/actor/1960
この時代は、女性は落ち着いた低い声が好まれたのですね。
あと、トーキー映画が最初は下品とか変とかさんざな言われようなのも、おもしろい。
今では当たり前のことも、最初は抵抗があったということか。
今抵抗のあることも、そのうち当たり前になることがたくさんあるのだろうな~。

裏話がおもしろhttps://ameblo.jp/hokuto31313131/entry-12264959491.html
最初の描かれ方から、この映画は音楽担当の人の葛藤を描くのかと思ったら全然違って驚いた ミュージカルだとは知らなかった 今見ても新しすぎて(斬新というよりは前衛的)
びっくりするところがあってちょっと唖然とする 後半は残り時間を見比べて、「これどうまとめるの、無理じゃん!」と思っていたがそう終わるのか! となった 一番有名なシーンは大変良い
azusa

azusaの感想・評価

4.2
3人でタップダンス踊るとこ良かった〜
キャシーのフィンガーウェーブヘアが素敵
Show must go on!な親友がまた良い
うどん

うどんの感想・評価

3.8
梅雨は毎日この曲ばっかり聴きたくなる!
あんな華麗にタップダンス出来たら素敵。
Itotty

Itottyの感想・評価

3.5
映画が舞台の映画っていいですね。
私にとっては最近では「今夜ロマンス劇場で」なんかがすごく好きだったのですが、登場人物がみんな映画が好きで作っている人たちで、すごく愛おしいのです。

本作はサイレント映画から音声付き映画に移行する時代の映画制作が舞台ということで、時代の変化にともなう苦悩や喜びを、楽しく楽しく描いているのが印象的でした。
演者さん達が本当に楽しそうなんですよね!それが何よりのポイントかな。タップダンスも本当にすごい。いつか結婚式の余興なんか頼まれたらやってみたいw


たくさん歌う中でとりわけ、ドンが雨の中で歌うシーン。
大好きな人ができて、大好きな映画で希望を見出した歓喜が爆発しているのがすごくよかった。
本当に幸せな時って、雨の中でさえも幸せなんだよなぁ。
こう、身体中から幸せホルモンが溢れ出しているような。
そんな感激が伝わってきました。


一つだけ欲を言えば、リーナにも救いをあげて欲しかったけど、それは欲張りすぎか。プライドは高いかもしれないけど、そんなに悪い人じゃないと思うんだけどな。

あとは、改めてララランドのすごさも実感。もう一回見てみたくなりました。
Mary

Maryの感想・評価

4.5
こってこてのミュージカル映画🎬
ミュージカル好きにはたまらない!!
昔のファッションや色合いがとっても可愛い作品です💗
マイクのくだり面白かった 笑笑
hazuki

hazukiの感想・評価

-
いい声!!!!!
そしてコズモが最後に、さらっと指揮を執ってるのがかっこいい😍
ktrnaoua

ktrnaouaの感想・評価

3.7
ハッピ〜
タップダンスきもちい
>|