うなぎの作品情報・感想・評価

「うなぎ」に投稿された感想・評価

AM

AMの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

単純に、彼、山下は強い人間だと思った。冒頭、早々事件が起こるが、後の迅速な出頭。冷静沈着な態度。ムショでの資格会得後の人生の再出発。後の出会いを、ただただ大事にできるだけの余裕と広い心。相手を敬うことはないかもしれない、だが相手を気遣う優しさがあり、それを認める人間が周りにあって、彼の過去の愚行の暴露にも、咀嚼して飲み込む。それは彼のソフトな部分に皆が惚れているからだ。観ていて、私も惚れた。
そんな彼に惚れた女ケイコがSEX以外なんの取り柄もない女と侮辱されようもんなら、隣の舟大工が割って出る。殴るや殴る。「皆さんよく見とけ、暴力ってのはこの俺だあ!」かっこよかった。
暴力を極力避けた山下が髭剃りでケイコの敵を切りつける。
「なぜ奥さんを殺したの?よほどのことがあったのでしょう!?」と過去にあった会話。
ケイコが男を切りつけようとした髭剃りを奪って切りつけたんだ。仮釈放が棄却とか、そんな事は御構い無し。なぜかと言うと、単純に身内の人間を、命を張って守ろうとしたのだ。また、自分と同じような暴力で人を殺めるもしくは傷つけるという愚行を、自らが阻止しようとしたのだ、と…解釈しました。
あと柄本明。怪演。
「お前だってな、少しゃあ人間的なんだ!!」と、見てる側は彼に励ましの言葉とも取れる言葉を投げかけた。物凄い悪党役だったからなんだか唖然とした。馬鹿正直。すごい良いシーンだった。なんか、生きる希望とか勇気をもらえる映画だと、素直に思いました。
あとフラメンコシーンでFコードが上手く抑えられない哀川翔のへなちょこギターが中々見ものです♪
東京国際映画祭にて、役所広司のQ&A付き鑑賞。
役所さんに会う機会なんてそうそう無いものだから、一体どんなお人だろうと思っていたが、ユーモアを備えた紳士という言葉が相応しい丁寧なお方で、鑑賞前に謎の感動。

妻を寝取られて逆上した男(役所広司)が服役を経て仮釈放される。
この仮釈放期間がメインのお話。

「服役していた人あるある」とでも称すべきか、刑務所での習慣が日常に持ち込まれたり、社会復帰した時の扱いが人それぞれに違ったり、なんだか勉強になる部分も多い。

エンドロールのシーンはずっと何を表しているのかわからず、他の方のレビューを拝見したところ、ハッとした。救われた。

非常に暗い。が、ふと射した一筋の光に手を伸ばしてみてもいいんじゃないかと思わせてくれる。いわば夜明けのような作品。
鉞

鉞の感想・評価

4.4
記録
三重野

三重野の感想・評価

3.7
口ぱくぱくするうなぎかわいい。助演賞あげる。
僕はこの映画を、某無料動画配信サイトで見ました。真っ暗な自分の部屋でPCで一人で観るのに、ここまでピッタリな映画はないと思います。個人的には柄本明と哀川翔はこの映画がベストアクトです。
記録。
役所広司という役柄
ほのぼのした役所広司を見ようとしたら思ってた話と違った…。
MieMasui

MieMasuiの感想・評価

3.6
2018.12.27
やまう

やまうの感想・評価

3.7
古臭いテンション怖っ。

フラメンコバックに瞬間ズーム。
>|