薔薇の葬列の作品情報・感想・評価

薔薇の葬列1969年製作の映画)

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.8

「薔薇の葬列」に投稿された感想・評価

しを

しをの感想・評価

3.9
ラストの淀川長治がヤバい
シネ・ヌーヴォにて鑑賞
追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで
実験的な部分も含めて中二病全開な作り方なのに、きちんと商業映画としてまとめてしまっている力量に感服。モノクロなのに、何故か色彩が垣間見えるような感覚に陥ってしまった。
obao

obaoの感想・評価

4.3
@シネ・ヌーヴォ
ゲイバーを巡るゲイボーイたちの争乱。
薔薇とは男同士の恋愛のこと。
ピーターのデビュー作であり、冒頭から土屋嘉男との絡みに驚く。

初めて観る松本俊夫監督作品。監督初の劇映画であるが、映像作家である松本俊夫たる縦横無尽さ。ドラマの中にインタビューなどのドキュメントを織り交ぜたり、サブリミナル的に映像を挟む、そして、繰り返しで脳に語りかける。
困惑がいつしか興奮へと変わっていた。

今作はキューブリックの『時計じかけのオレンジ』に大きな影響を与えたとのこと。
確かにそう、そのクライマックス。
そこで、しかし…まさかの淀川長治さん!!!
緊張が一気に場内爆笑へと…まんまとやられた。

今でこそゲイや女装する芸能人がTVに普通に出ているが、
この当時ではキワモノ扱いされていたと思われる。
が…これは、まさに芸術だった。
素晴らしい。

【追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで】にて
otom

otomの感想・評価

5.0
か〜わ〜いーいー。何となく久々の鑑賞。まとめは淀川長治が簡潔かつ的確にやってくれる。なんか匂ってきそうな'60年代終盤の新宿のゴールデン街的空気感と色んな意味で時代を先取りしまくる松本俊夫。モノクロ作品の為、後の映像作品群における極彩色はないものの、実にエフェクティブかつ実験的、で超サイケ。筋としては女...じゃなかった、ゲイボーイの痴情のもつれやら近親相姦やらの古典的なものではある。しかし、その映像美と湯浅譲二の音楽的世界観で混沌としながらも、全体としては至高の域。アポロンの地獄を背景にってのがまたグッとくる。傑作。
松本

松本の感想・評価

4.7
虚構と現実に振り回される
wami

wamiの感想・評価

3.6
ストーリー6
キャスト6
映像5
音楽5
またみるか6
プラス要素8
keylen

keylenの感想・評価

3.8
振り回される感ちょっとあるけどわらった
>|