ユミコ

マイ・マザーのユミコのレビュー・感想・評価

マイ・マザー(2009年製作の映画)
-

ユベール(グザヴィエ・ドラン)には大切な「カレシ」がいるし もちろん相思相愛でラブラブで。それって本来ハッピーなはずなのに、実はユベールってママが一番スキであり、一番キライでもあったので、頭の中はきっとカレシよりママばかりで、しかも常にママキライ! が蔓延していて、そっちの事で気持ちが忙しかったようでした。
のっけから母(アンヌ・ドルヴァル)と息子の激しい口論、罵り合いで、その様子には大いに親近感でした。どうでもいい内容だったり、ちょっとしたことにお互いイラッと来たり、多くの人がこの年頃に 親にイラ立つことってありましたよね。私にも覚えがあり、思い当たるフシもあったので、ただただこの母子のやり取りが微笑ましい。レンタルビデオ屋さんに母親を車で待たせて1時間近く物色していたユベールに母親がイラ立ち、また喧嘩。どっちもどっち。この母親、ユベールが言う程に酷い母親とも思えません。そもそもここまで嫌いになるにもエネルギーが要るわけで、彼はあまりにも母を意識し過ぎだし「何から何まで母と一致するものが無い」てな具合。しかしそれは「無関心」に比べたら全然素晴らしい事ですよね。

ユベールの語った「母を愛せないが、愛さないこともできない」ってまさに彼の本心であり真心ですね。
両親はユベールを寄宿学校に入れることにしたのですが、それを受けユベールは「愛してたら遠くにやるはずがない 愛し方が間違っている」と。 このセリフ、前日観た小津さまの作品「父ありき」と正反対すぎて クスッw てなっちゃいました。
同じく主演の「神のゆらぎ」より本作のドランのが好きです。こちらは当時19歳のドランの監督デビュー作でした。