マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

芸術が強い。お母さん狂ってる。それでも母を愛せないことはできない。それが青年の心。らしい。お母さんを憎いと思ったことは誰でも一度はあるはず。なければそれは偽善者だ。
しーな

しーなの感想・評価

3.2
先行きの見えない不安や苛立ちをこうも鮮明に描かれるとなんだか少し恥ずかしいような気がしてしまう。
うまく言えないけれど心の奥底がむず痒くなるような、それでいて映像の美しさから目を逸らすことの出来ない映画だった。
センスの塊!
若さゆえの衝動とかやるせなさみたいなものがビリビリ伝わってくる。
食事のシーンやドリッピングアートの色彩が頭にこびりついて離れません。
親子の愛って一言じゃ語れない。時に煩わしくて、殺したいほど憎らしいけれど、愛してる。
母よりも大切なひとはたくさんいる。
複雑に入り交じった愛憎みたいなものはかなり共感しました。
映画で見た親子像で一番共感できたかもしれないくらい、生々しいリアルな感情を繊細に描ききった一作。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
ドラン監督の作品を何作か見ていますが、この作品はまだ見ていませんでした。
これを19歳で作ったなんて驚き。
思春期の頃の不安定さとか複雑な気持ちとか忘れてしまってたけど、これを見て、あー何かこんな感じだったかも…と思いました。
19歳だからこそ作れた作品なのかも。
まだ見ていないドラン監督の作品を見ようと思った。
あのドリッピングのシーンは忘れられないな
カツン

カツンの感想・評価

4.5
グザヴィエ・ドランはセンスの塊、、
みつこ

みつこの感想・評価

5.0
愛情と憎しみが表裏一体。
離したくても離れない
離れたくなくても離れる、
矛盾だらけで
磁石のように吸い寄せられる
感情や関係が、複雑で面白かった。
若き生々しく荒々しい、
そして新鮮な視点が良かったです。
yugyug

yugyugの感想・評価

3.2
中二映画だった。
残念。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.5
反抗期の映画。やってることはとくべつ美化されてるわけでなく、中二病かよって部分もちゃんとあって、観てるこっちが自分の過去と照らし合わせて恥ずかしさに見舞われるところはすごく良いと思う。そんな不変の言わばありふれたようなテーマなのに、なんだかハッとさせられるのは、この監督の持つ天賦の才である、映画としての絵のセンスにあると思ったり。この若い才能を見続けて行きたいとつくづく思います。
shoco

shocoの感想・評価

3.5
グザヴィエ・ドラン監督の映画はMommyが初めて見た映画で、すごく美しくて感動したけど、こちらは美しさでいうとそこまでだった。
もっとリアルで生々しかった。

マミーは母親からの目線で、こちらは息子からの目線。

母親と子どもの微妙な関係。
母親と娘でも同じ。
>|