マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

芸術が強い。お母さん狂ってる。それでも母を愛せないことはできない。それが青年の心。らしい。お母さんを憎いと思ったことは誰でも一度はあるはず。なければそれは偽善者だ。
Roygbiv

Roygbivの感想・評価

4.0
ある程度自立した今だからこそ見えてくる良さがある。完璧な親、完璧な子なんていないのに、お互い唯一無二の存在のはずなのに、お互いに相手の中に夢を見てしまうのはどうしてだろう。
子の葛藤と親に甘えたい気持ち、親のプライドと子を想う親の気持ち、近くにいながら平行だった線が不意に交わるシーンがいくつかあるけど、全てがとても綺麗。久しぶりに心がヒリヒリした。
実家に帰りたくなる映画だった。
wm

wmの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

母が大切だから共感するところが沢山あった。「今日、僕が死んだら?」「明日、私も死ぬわ」が刺さりすぎて泣く。画面の色使いやセット等、総じてアートだったし19歳のドランの感性は凄い…ユベールとアントナンの2人のシーンがラブリーでとても良い◎
高校生の息子と母との反発...わかるなぁ。
親子だと少なからず共感してしまう所はみんなあるんじゃなかろうか。

親の食事の食べ方ひとつにしてもイライラするし、皮肉っぽい言い方、昨日と言ってる事が違ったり、言った事を忘れてて頭にくる。
だから「アルツハイマー病じゃない!?」とか言いたくなる(笑)
喧嘩場面は自分と重なり逆に笑ってしまった。
なんだろなーあの母親の悪気なく神経逆撫でしてくる態度は。

でも未成年では親を頼らない訳にもいかないし、自分の力不足も自覚してるから悔しい。
それに決して親を悲しませない訳でもない。
親子だから簡単に離れられない。

「愛せないけど、愛さない事もできない」

難しいね親子って。

余談だが漫画「あたしンち」でも時々、みかん(娘)ゆずひこ(息子)が母にイラつく場面があるがそれも少し似てる。世界共通ね。
紅

紅の感想・評価

4.5
この感情がドランによって表現されて感無量だった
MAYUKO

MAYUKOの感想・評価

4.0
卒論で使わせていただきました。
お世話になりました。
もちこ

もちこの感想・評価

4.0
写し方が好き。メリハリのある映像に引き込まれました。
ユベールがアントニンが綺麗。
母と子って、、、
>|