マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

芸術が強い。お母さん狂ってる。それでも母を愛せないことはできない。それが青年の心。らしい。お母さんを憎いと思ったことは誰でも一度はあるはず。なければそれは偽善者だ。
saki

sakiの感想・評価

4.0
これを19歳で撮るって、、、
ドランちゃん天才すぎて怖い

このレビューはネタバレを含みます

思春期ならではの複雑な心模様を複雑なタッチで描かれてたと思う。

最後のシーンで、ユベールが人形から涙をとったのは、もうお母さんを泣かせない

一方でお母さんも息子が同性愛者であることを認められないままだったけど最後のシーンで交際相手と普通に話してたのは、認めたってことで、

幼い時の回想シーンで終わったし、ユベールも18歳っていう節目を迎えてようやく親子のもつれがとれたんかなって思う
荒野

荒野の感想・評価

4.5
す、凄すぎる……。何なんだこれは。思春期の痛さ全開で、でも不思議と「フッ、青いな」とは見てられなかった。ユベールにも母にもダメなところはあって、どうにも上手くいかないもんだなと(少しユベールに肩入れしながら)見ていたけど、幼かったあの頃には完璧な答えがあったという回想の映像がどこまでも切なくて、泣かされる。
余談だけど、思春期のこうした不和の解決に「一人暮らしをする」は本当に最適だと思っていて(僕自身の経験もあり)、あそこでユベールが自立していたらどういう結末になったのかななんて想像するのも楽しい。

グザヴィエ・ドラン監督、『たかが世界の終わり』がそんなにハマらなくて、何となく避けてたけど、最初にこの作品を見るべきだった。こんなのもう、神様ドラン様でしょ。見た目も抜群にカッコよくて、映画も素晴らしくて、その上19歳?ハァ?何なんですか。もう本当、何なんですか……………
あけび

あけびの感想・評価

4.0
これはすごい。親を手放し敬うべき愛するべき、それが普通のことだという風潮が苦しいのは皆同じだったんだな。親子といっても結局個人と個人だしお互い選びあった夫婦とはまた違うから、どうしても合わない親子はいる。仲良い親子でも10年も20年も一緒に過ごしてたら嫌いになる瞬間は絶対あるし。
16歳の一人暮らしを許さないのは分かるけど転校を勝手に決めるのは結構驚いたな。そこにユベールがキレるのは当たり前よね笑
「これはパラドックスだ」
傑 作 で は !?
ドラン監督、アーティストだなぁあ。

ユベールの親子関係、まるで自分を見ているようで彼の恋人の言う「大人になれよ!」がグサッときた。

親子は愛を無条件に求めることが許される関係だと思う。ありのまま受け入れてもらうことは当然の権利だと思ってしまう。息子を守るためには強くて大きくて、愛情を示すことが不器用で、本当は弱くて小さい。そんな母親像がすごく良く表現されていたな。ワルになりきれないユベールも、よい。同性愛を親に否定されるのではなく、子供に打ち明けてもらえないことに親がショックを受けるという、新事態。

好きなシーンは母が駐車場でぼそっとつぶやくシーンと、45分ビデオショップで待つところ。45分という、絶妙な時間設定(笑)
母と息子。

反抗し、疎ましく思い、憎しみ合い、罵り合い、傷つけ合い、、、それでも、、、愛してる。

「母を愛せない、、でも、愛せないこともできない、、」

単純にして複雑。複雑にして単純な関係。

どこにでもある思春期の親子の喧嘩も、ドランが描くと、かくもキツく感じられるのか。この母親なら仕方ないかな。

感情のぶつけ合いは、やはり最初から凄かったのね。美的なセンスも最初から。

これで現時点での監督作をみんな観ることができた。

止めどない生身での感情のぶつかり合い。そこから溢れでる、愛や憎しみや孤独の彷徨い。それを美的センスの高い音楽や映像で身体全体を使ってキャンバスに描く、、そんな感じがした。

今後が、ますます楽しみだけど、この路線でどこまで行くんだろう?身が持たないのではと、余計な心配 笑。
Moet

Moetの感想・評価

3.8
この映画を10代で製作したのがとにかくすごい。思春期の母親との関係のこじれは誰にでも起こりうるものだが、ドラン監督の心理表現はとても興味深いものだった。
lalala

lalalaの感想・評価

2.2
親子ゲンカのシーンがとても不快で、でもリアルだからこその不快さだなぁとも思った。
些細なことですぐキレる青年の脆さがとても素敵に演じてたなぁと思う。

美しいカットも多かった。
>|