マイ・マザーの作品情報・感想・評価

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

3.8

あらすじ

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理…

僕はユベール・ミネリ、17歳。ケベック州のなんでもない町で、他の誰とも変わらない退屈な青春の日々を送っている。最近ひとつだけ、どうしても許せないものがある。趣味の悪いセーター、貧乏臭い部屋のインテリア、食べかすだらけで小言しか言わないやかましい口元まで、なにもかもが耐えられない存在—— 僕の母親だ。「なぜこんなにも受入れがたい存在なのか」、僕は自問する。人は「親は敬うべきだ」と言うが、僕には理解できない。僕は息子に向いてないのかもしれない。あの母親の根っこには、他人への愛を素直に表現できない矛盾した人間性が脈々と流れているに違いない。うるさく僕をコントロールしたがる母、次の瞬間には罪悪感を覚える母。そんな不安定な感情を持て余し、行きどころを失くして僕にぶつけてくるのだ。そんなものに付き合っていられるか。 ユベールは、毎日この欠陥だらけの母親の愛情過多と愛情不足の矛盾に振り回され、かつては大好きだった母への憎悪が膨らみ、制御しきれずにいる。ヒリヒリするティーンエイジャーならではの「理由(わけ)のない苛立ち」に耐える日々に嫌気がさしているユベールは、ある日偶然に、幼いころから親しんだセント・ローレンス川沿いの真っ赤な夕陽の下、母親が土手に腰掛けているのを見かける。野カモの群れの神秘的な声があたりに響いている。不意にひとときの安らぎを覚えるユベール。それはイノセントでただひたすら楽しかった昔の情景だった……。幼少時代へのノスタルジーに、不器用に折り合いを付けようともがく少年ユベールの決別のとき。17歳、僕は、母を、殺した——。

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

芸術が強い。お母さん狂ってる。それでも母を愛せないことはできない。それが青年の心。らしい。お母さんを憎いと思ったことは誰でも一度はあるはず。なければそれは偽善者だ。

マザコンは見るべし!

こちらもドランという天才がでとる
日本人にはここまで愛を繊細に表現できる人はいないと思う。
王国があり、人とは違った主人公の目線はドラン監督らしさがあり、秀逸な女性描写を生み出す彼にとても惹かれる。

子どもから大人へ成長する中で母親を憎むことは罪だという意識はいつの間にか感じざるを得なくなっている。
ご飯は作ってくれるし母のおかげで普通に暮らせている。だから母親を憎むことは罪だと感じる。でも母親に苛立ち、自己嫌悪が募る。
母親がどんなに母親に見えなくなっても、この人だけは忘れることはないし自分の人生、人格も支配的に影響される。
間違いなく愛はあるのにパラドックスがある。

母を1番愛してきた私にはよく知っている感情がたくさんあった。
うめ

うめの感想・評価

3.3
ドラン映画の中では、微妙な感じ…だったような記憶がある。
けろえ

けろえの感想・評価

4.0
これが監督デビュー作かー。うーむすごいなー。まさに身を削って造ってる感じがします。
内容的には、母と子の葛藤を描いているわけですが、自分にはなんかヒリヒリしすぎちゃいました。
親子、特に母と息子の関係は「愛」と言って仕舞えばシンプルだけど、もっと複雑なものだと感じる。
事あるごとに繰り返される母と子の口論がリアル。たわいもない話題から両者が声を上げる展開になってしまう。
詩や手紙が文章として画面に出るのが、しっかり文章として余韻を出していて印象的だった。
fmofmojimo

fmofmojimoの感想・評価

4.6
ユベール、17歳。
彼にはどうしてもうまくうまく関係を築けない母がいた。

彼女の行動のすべてに感情が逆立つ。彼女を憎めば憎むほど自分が苦しくなる。愛していると思えば次の瞬間裏切られる。

苦しいけど美しい、ラブレターよのうな映画。
ユベールのような息子がほしい、と思った。

あーほんとすごい。グザヴィエ・ドラン。
ずるいくらいに好きや。
まる

まるの感想・評価

3.8
どうしようもない思いとどうにもできない関係と
重なりすぎてわけわかんないタイミングで何度も涙
ドランすごい

親子って愛憎の塊だね
>|