マイ・マザーの作品情報・感想・評価・動画配信

マイ・マザー2009年製作の映画)

J'ai tué ma mère/I Killed My Mother

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マイ・マザー」に投稿された感想・評価

これもマシュマロ降ってくるのかと思った
反抗期感情の異化(序盤から胸がムカムカする描写の連続、そしてちゃんと最後までムカムカはムカムカ)。

登場人物がそれぞれの正論をいい、それが理屈としてはわからんでもないがそれ言わんでもええやろ、っておもわされつつもやはり「わからんでもなさ」がぎりぎり残されてる感じが優しい。
るぴ

るぴの感想・評価

3.9
ドラン氏幼くて可愛い

思春期の母親との関係がリアルというか、なんか凄い分かるわ~と思いながら観ていた。
母親にイライラして言い合いになって、でもひとりじゃ生きていけない。みたいな。めっちゃ思春期に体験したわ😵

映画始まった瞬間からアートだった🦋
ケベックの紅葉本当にきれい🍁
マトリ

マトリの感想・評価

4.2
ドラン監督が19歳で撮った作品
やっと観ました!
なんの情報も無しで観たかったんですが···ドランのドキュメンタリーを先に観ちゃった事を激しく後悔😓

映像の美しさと音楽のセンスはこの頃から最高だったんですね~!
妄想シーンが幾つかあって全部綺麗でしたが皿を割るシーンが本当に良かった🌻👍

ペンキの色彩と音楽が好きすぎるラブシーン···ずっと見ていられる♡
このシーンを前情報無しで見たらもっと興奮できただろうなぁ···

Vive laFêteというアーティストのNoir Désirという曲がめちゃくちゃ画に合っててすごく良かった🎶

ドラン監督の映画はやっぱり激しく言い争うシーンばかりで疲れますがこれは軽めの方だと思います

この母親と息子はお互いの愛が強過ぎるあまりぶつかり合うんだろうな···
英語タイトルが怖いからちょっと拍子抜け😂
個人的には心が温まりました!
mam

mamの感想・評価

2.8
ドランすごい...。凄すぎる才能。

母の愛を拒絶しながらも、渇望する。
悩ましくも愛おしいセンシティブな思春期。

今日、僕が死んだら?
明日、わたしも死ぬわ

マイケル・ナイマンを彷彿とさせる、美しいメロディが印象的。

奔放で寛容なアントナンのママ、ステキ。
しお

しおの感想・評価

4.1
ドラン作品2つめ
19歳でこれを撮ったってすごすぎないか?って言わずにはいられないくらいすごい。
撮り方が本当に好き。ユベールが良しとは思ってないであろう母好みの家のインテリアが可愛くて私は好きだった(笑)蝶モチーフが多かったのも理由があるのかな?

同じ境遇とかではないけど、あぁその言葉にならない感情分かる分かると共感できるところが多々あったり。
最後は母親がユベールを追いかけてきてくれて、希望のある終わり方で良かった。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.5
今日僕が死んだら?の答えがわたしも明日死ぬってこれが母親の愛なん?というかそれだけ家族を愛してるけどその愛って義務というかそういうものに感じた。自分でも何書いてるかよく分からんけどそれぐらいわたしには分からんかった。フランス映画はほんまに色彩が綺麗、で、これをドランが19歳で作ったのは、すごすぎ。何考えて生きてるんやろ。
ドラン若い。オーバーオールがとてもかわいい。白ニットと白Tシャツ着まくり。似合う。
19歳でこれ作るってすごいなとありきたりな感想しか出てこないけど…でも今観ると、ドランも進化してるんだなと思った(映画作りにおいて)
ドラン作品常連がたくさん。ニールスここにも…!
『違いを理解する知性に欠けてる』か〜
母親への愛を表した作品、と感じた。
母ちゃんがどこまで感じられる人なのか、この作品を見て少し不安にも思ったけど。
これは、母に捧げる作品だ。
>|