Kogarath

バーバーのKogarathのレビュー・感想・評価

バーバー(2001年製作の映画)
3.8
ただ髪を切って捨てるだけの非生産的な毎日を変えてみようと、怪しい男の儲け話に乗ってしまったのがきっかけで悲劇を重ねてしまう理髪師。
自分がまいた種とはいえ、やることが全て裏目に出て悪い方向へ転がっていく様子は、滑稽を通り越して悲しくなってくる。安らぎを求めた少女にはいろんな意味で裏切られるし、そこまで主人公いじめなくても…(笑)
そんな悲哀あふれるくたびれた役を演じるビリー・ボブ・ソーントン、上手いなあ。声も渋い。

何より印象に残るのが、カラーで撮ったものを白黒に変換したという艶やかなモノクロ映像の美しさ。構図も冴えまくってて、浴室でタバコを吸いながら妻のムダ毛を剃るシーンなんて最高にクールだし、他にもポスターに出来そうなカットばかり。
カラー版も観てみたいな。