マミ

無花果の顔のマミのレビュー・感想・評価

無花果の顔(2006年製作の映画)
-
これが監督デビューらしい。。重くて暗い作品を勝手に想像して行ったら、軽くてコミカルな作りだった。家族の愛が感じられて良かったけど、監督のユーモア感覚にはまったく付いて行けなかった。押し付けがましくて、わざとらしい。「面白く作ろうと頑張ってます!」と拡声器を耳に押し付けて演説されてるみたいでしんどかった。