ちえり

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのちえりのレビュー・感想・評価

4.9
詐欺師とFBIが追いかけっこするお話。
最初っからもう映画の世界に引き込まれてもうた。
いつも設定もあらすじも出てる人もなんも知らんまま観るので、レオナルド・ディカプリオみたいな人出てるな〜っておもてたらディカプリオだった。

あとからこれ実話を元に作られた映画って知った。うせやろ……!?!?!天才か。
ファーーなんちゅう人生や!これは映画化決定ですわ!!
詐欺を始める理由がちとかなしみです。
頭が良くて賢い主人公やから観てて気持ちいい。なるほどな〜〜ってニコニコしますた。
小切手ってなんやっけ?レベルのアホなのでそこから理解せなあかんのが大変やったけど、そんなんでもおもろいと思える!

嘘に嘘重ねて大丈夫なんやろうかって心配なってくる。うおおwwそれは無理があるやろwwwってわろてしもたとこもある。だからおもろい。
どの場面も綺麗で見逃せへん。

つまらん映画は長く感じてきて眠くなって途中で切るんですが、この映画はおもろくて終わるのあっという間です!
冒頭から名作臭しかせんかった。さいこーです。