qudan

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのqudanのレビュー・感想・評価

4.5
・言葉ではない映像での説明
・主人公のあどけなさと憎めなさのあるキャラ
・捜査官の堅物だけど柔らかさもあるキャラ
・詐欺手口の鮮やかさと大胆さ、ハッタリと地道さ
・詐欺によって誰も傷ついていない(ようにみせている)
・少しのエロス
・単調にならないよう、ときどき時間軸を変える
・主人公の過去と孤独、父親への想い
・FBI捜査官との不思議な友情
・ラストの着地の心地よさ

ということがキレイに構成されていて、スピルバーグ映画作るの上手すぎ〜〜となった。