めいり

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのめいりのレビュー・感想・評価

3.3
いやーおもしろかった!
最近ヨーロッパの古い作品を観ることが多くて「うーん…これが名作ねぇ…」となっていたけど久々に映画!!っていう満足感を得た、やっぱりこのテンポが好き。

レオ様は、観客に愛されるキャラクターを作り上げるのがどうしてこうもうまいんだろう。彼の作品を観た後はどうしても彼を愛してしまうね…

大胆不敵で鮮やかで、物凄い才能をもって人を欺いていく彼の、その立派な肩書きの下には、
仲睦まじい両親との暖かい家庭を取り戻したいだけの子供がいるっていうのがたまらなく切ない。
「なんでそこまでする?」「子供だから」
唯一彼の寂しさに気づくカールの、「子供だから」の言葉に泣きそうになった。

ラスト、合格の秘密でうわあああ!!って高まってからの
テロップで「あっこれ実話に基づいてるんだった…!!」ってハッとして鳥肌。
ご本人をぜひ観てみたい、会ってみたい。
こんなにもあらゆる可能性を持った少年が、偽造犯罪撲滅の権威になるというのはなんだか泣き笑い。