キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのネタバレレビュー・内容・結末

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

鍵を閉めないで出かける人がいます。
失くすからだそう。
皆んな鍵は閉まってるものだと思うはずだから、まさか、そういう人にかぎって盗難にはあわないわけです。

あそこまで堂々としていたら
誰も疑わないのね。

飛行機から飛び降りて何故かママの家まで行った辺りで少し冷めた。それまではまあまあありえないのにありえていてドキドキ見てたのに。えーそれはないでしょう、ってちょっと設定飛びすぎ。

レオナルド様がカッコよかった、
彼は大抵、良いワルなんだな。
実話なのが信じられないな…

レオ様のコスプレが見れます(?)

確かに、詐欺師に詐欺の取り締まりさせるのは最強だよなと思った笑
みみっちい作業で地道に稼ぐ詐欺師の映画。どうせ詐欺なら大胆なことで頼む、って感じ。。実話だからしょうがないかもだけど、、ディカプリオの無駄使い
ある詐欺師の実話を元にした映画。
ストーリーは過激であり実話である事を疑うほど。
主人公の根幹にある両親に愛されたいという欲望が悲しいほど伝わる
最後はハッピーエンド?
これだけ頭がいいのに、なぜ犯罪を繰り返していればいつか捕まるということを考えないのか?意味わからない、、。完全犯罪の結末なら分かるけど。
2週間で司法試験に受かるのだから、毎年寄付される100万ドル以上の年収の まともな仕事を始めから出来るでしょ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

っていう、実話だからこその疑問が残るけど、ショーシャンクの空にみたいな面白さのある良き映画だった!
私も、このネックレス君の?ってやってみたいな、ロマンチックじゃん?
それと、パイロットの制服着て女の子たくさん連れて歩いてみたいな。
それから司法試験二週間の勉強で受かりたい!
あれ、私これもしかして憧れちゃってる?
捕まってしまうかもと終始ハラハラドキドキしながら、、それでも潜り抜ける主人公の機転とアイデアが素晴らしい!
ポンコツFBIのカールと天才詐欺師のフランクの追いかけ合いの構図が本当に好み。
実話にそった話なのは驚き。
曲も良き。
アメコミに登場する主人公の生い立ちは不幸なことが多い。深い悲しみを経験した主人公は、両親との別れを機に次第に自分の超人的な能力に目覚めていく。バリー・アレンと名乗る少年(フランク・アバグネイル)は光の速さで逃げおおせる。それはさながら最強最速のヒーロー『フラッシュ』のようだった。

FBI捜査官のカールはこの最強の主人公を自分の手で倒したいと思っていた。しかし若干16歳の少年を前にいつも出し抜かれては恥をかかされていた。そんなカールが捜査の初期段階で唯一見破ったものがある。それはフランクの心の寂しさだった。天才詐欺師といってもまだ子供のフランク。一人で過ごすクリスマスには慣れておらず寂しさを隠しきれなかった。

運まで味方につけたフランクを誰も止められはしなかった。その後もフランクはマジシャンのような言葉巧みな話術と視覚的なトリックで周囲の人間を欺いていく。その華麗な技の数々にカールの目は釘付けとなっていった。

見ろよ、誰も追いかけてこない。だからもう逃げる必要はないんだ。

フランクには正しい道に導ける大人が必要だった。使い方さえ間違えなければ、その能力は世の中のためになる。逮捕されたことをきっかけに彼は才能に見合った立派な肩書きと対価を手にすることになった。

彼の存在やすることは現実離れしており漫画や映画の登場人物が目の前に現れたような錯覚を覚える。彼を見てると夢が現実になったようでワクワクした。フランクの手にかかればどんな問題も解決した。彼には不可能なんてないと思った。それが犯罪者でありながら人々を魅了する大きな理由なんだと思う。

「俺はこの手で必ずお前を逮捕する」
二人の関係はルパン三世と銭形警部に似ている。

カールはクリスマスギフトとして『フラッシュ』を服役中のフランクに贈る。フラッシュとフランクの類似性を見ていると、フランクそのものが天から贈られたギフテッドなのかもしれない。元詐欺師の彼をそう呼んでいいかは分からないけど。
レオ様カッコよ
>|