キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのネタバレレビュー・内容・結末 - 3ページ目

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

それなりの幸せを願っただけなのに後戻りできなくなる感じ、もし自分がそうなったら主人公みたいに苦しむんだろうなと。最後もスッキリする結末でよかった。
名作ということだけ知っていたのもあり、食わず嫌いで数年見ていなかった。
なんとなく見始めたけど、ディカプリオの演じる〝できる営業マン〟のようなチャラさと誠実さがドンピシャ。
きっかけが両親ということが私の心にはとても響いた。全てが家庭環境のせいだ(おかげだ)とも言えないけどとっても重要なものだと再確認。
FBIとしてディカプリオを追うところから始まり、最終的には見守る父親的な存在になるトムハンクスもよかった。
レオナルドディカプリオの美しさに襲われる作品。2人のおいかけっこが見てて飽きない。最後ハピエン?で終わって良かった。
ジャケットがダサすぎて伝わらないけどめちゃくちゃ面白かった
レオナルドディカプリオが若くてかわいいしかっこいい
クリスマスの時に連絡し合うの2人の世界って感じで良かった
これが実話っていう凄さ
スピルバーグ監督らしい映画でありつつ、しっかりとした伏線とか話の進め方とかが考えられてて大好き
最初は収容されてるところから始まるから
びっくりした
ラストのアバグネイルの父の死を
知ったシーンは流石に泣いた
詐欺師と捜査官の2つの視点で見れるから
とても面白い
観ててとても楽しい

1番好きな映画です
おもしろい、家族に執着があったのかな。家出するとき以外冷静で、頭の良い人はやっぱり冷静な時が多いなと思う。捕まった後、FBIで働くことになるのは、シュールというか、おもしろい展開だな。これが実話なの、となる映画
これが実話とかどんだけ頭いいの!!
司法試験の話もすき。笑 天才すぎ。

途中まですごくかなしかった、嘘の人生ってどんな楽しい思いしても満たされないし、一回ついた嘘を突き通すに嘘に嘘を重ねていって、どんどん辛くなる気持ち誰でも一回はあるはず、そうじゃないと生きていけないって悲しかった。
ただ、カールが本当にいい人。私もみてて心が救われた。変わろうと思ったら変われる。ラストはっぴーで嬉しい
作り話のような、実話なの、、驚いた。昔のレオナルドデカプリオ、王道のイケメンで終始見惚れる。犯罪の内容は大人顔負けなんだけど、犯罪を繰り返す真意が父親と母親に仲良くなってもらいたいと願うピュアな少年の心なんだよね。犯罪のシーンと父親に会うシーンの主人公の表情とか台詞とかが全然違ってて、そこがさ実話だと知ると少し悲しくなっちゃった。まだ実話だと信じられない!少し長いけど、最後まで楽しかったぁ
この映画はだいたいどこを見ても「痛快」とか「コメディ」と紹介されているが
痛快どころか根底にある主人公の孤独、温かい家庭への憧れ、報われない気持ちに観終わったあと暗い気持ちになった。
確かに詐欺の手口は大胆で痛快かもしれない。
けれど主人公は結局、幼い頃に壊れてしまった自分の家族を元に戻したいだけだった。
婚約者の両親が仲睦まじく皿洗いをする後ろ姿を寂しそうに眺めるシーンが悲しすぎる。
義妹の存在を知ったことでもう元には戻れないと悟ってしまう場面も悲しい。
想像していた内容とかなり掛け離れていた。
おもしろかった
テンポもよくフランクを応援したくなった
両親の離婚が無ければフランクは逃げる事も無かったんだろう。最後に母親の新しい家族を見たシーンはとてもかわいそうになった。
エンドロールでフランクに家族が出来たと知れてうれしい。

ブレンダは本当に裏切ったのかな?裏切っていないと思うんだけど。