キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの作品情報・感想・評価

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿された感想・評価

tatsuya

tatsuyaの感想・評価

-
これが実話か!と常々思います!
ハラハラドキドキの展開に、こんなことが昔はできてしまっていたんだなあと時代の違いも感じられます。
mmmmmm57

mmmmmm57の感想・評価

3.8
おもしろい。
春巻

春巻の感想・評価

4.2
たまたま三連続で実話系映画見たけど、やっぱ世界にこんだけ人がいっぱいいればやべえこと考える奴もいるんだな、と思った三連休でした。
莉沙

莉沙の感想・評価

4.0
ディカプリオの出演する映画もトムハンクスが出演する映画も、ハズレがないのにその二人が共演。やはり面白かった!
面白かったのは覚えてる
また観たいと思ったのも覚えてる
スピルバーグ監督作、ディカプリオとトム・ハンクス共演。実話を基にした天才詐欺師と彼を追うFBI捜査官のドラマ。
公開当時、すごい宣伝してたのは記憶にあるのですが、なんでこれ映画館で観なかったんだろう。いまごろ鑑賞して後悔しました。
だって20代のディカプリオの演技は ナイーブでスマートで、ワンハリとはまた違った若さという武器も相まってキラキラしてる。トム・ハンクスとの親子のような、ルパンと銭形警部のような関係もよい。

年齢を重ねたいま観て感じたのは、父親のクリストファー・ウォーケンのカッコよさとダメっぷりだったり、温かい愛情や家族に飢えてるディカプリオの子ども心だったり、トムがディカプリオを憎みきれない友情を感じてるとこだったり、登場人物の人間味あふれる部分にぐっときた。

キャストも、ナタリー・バイにエイミー・アダムス、一瞬だけジェニファー・ガーナーやグレイズアナトミーのエレン・ポンピオに、コールドケースのジョン・フィンなどなど、次から次へと豪華俳優陣の登場も楽しい。

クリストファー・ウォーケンがよかったなぁ。
スピルバーグらしいあったかいドラマでした。
こにい

こにいの感想・評価

3.3
わりとずっと単調
もっとハラハラドキドキするかなとおもってた
でも実話ってことわすれてみてたから最後にハッとした!🤨
終始レオちゃんがうつくしい
みゆ

みゆの感想・評価

4.0
レオ様かっこいい
>|