キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの作品情報・感想・評価

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿された感想・評価

面白かったけど途中だるかった
主人公は天才だけど昔のシステムがばがばだなぁと思った
2019.9.16

これが実話なのかぁ…

詐欺師の手口がすごい

こんなことが16歳とかの初年に
出来てしまうのか

そしてまたその手口に大人は騙されてしまうのか

ほんとに頭のキレる人なんだろうなあ

ストーリーが展開されていくにつれて
少年の寂しさが垣間見えるシーンや、
刑事さんが少年のその気持ちに気づいているシーンがグッときた。

刑事さんが発した「嘘をついている方が楽だ」という台詞は、主人公の少年にも共通しているんだろうなぁ
なこ

なこの感想・評価

4.0
おっもしろ!笑
これが実話で未成年か〜、、、
両親との結末や恋人に裏切られてたのは切なかったけど、未成年ってとこが救いで、まぁ殺しじゃないし最後ハッピーエンドになったから何か嬉しかった🛩
お父さん大すきすぎて
頭よすぎて
手が器用すぎて
実話だなんて、なんなんだ

流石に無免許医者はダメ
maria

mariaの感想・評価

4.0
久々のヒット!
実話でしっかり面白い!
せい

せいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いくら昔とはいえ、一人の青年にことごとく騙されるなんて、警察や航空会社、医療施設等ガバガバすぎるのではないかと……。
主人公と父親の関係性が今で言う毒親とその子っぽい雰囲気が漂っていた。
トム・ハンクス扮する警察官が、ただ執念深く犯人を捕まえるのではなく、一人の人格者であることが、この映画ーー実話のいいところだと思う。
れな

れなの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

面白かった〜
ディカプリオ演じるフランクの子どもながらに感じている寂しさや葛藤が面白さに加えて切なさを感じた。
最初仲が良かった両親に、フランクは憧れや自慢げな気持ちを抱く。しかし、時が経つにつれお父さんの上手くいかない仕事に比例するように父、母の関係が悪化していく。大好きだった家族は、崩壊していき、最初の仲の良さは無くなっていった。
フランクはこの光景が昔を知っている分お互いが分かり合えないことがすごく寂しかったのだろう。
詐欺を始めて巨体だな富を得るのも、お父さんお母さんが愛し合っていた昔の幸せだった頃の生活に戻りたかっただけに違いない。
フランクが結婚相手のお父さんお母さんの背中をずっと眺めていたシーンでは、自分の、昔のお父さんお母さんに投影して幸せな気持ちになっていたのだろう。せつなかった〜
特に、お父さんが死んでいたと聞かされ、飛行機から逃げお母さんの元に行く場面。母は新しい家族ができ、幸せに過ごしていた。ここでフランクは、本当に自分が一人ぼっちであることに気づいてしまった。
一人ぼっちのフランクはずっと誰かが隣にいて欲しかった、誰かが自分を追っているこの事が自分が一人にならずに済む唯一の方法でそれが詐欺をする理由の1つだったのだろう
それをカールは分かっていたんだと思う。
とにかくディカプリオがかっこよすぎ!!
セキ

セキの感想・評価

4.1
色んな人生があるし、いいことも悪いことも積み重なって今があるんだなって考えさせられる作品でした。
誰しも自分以外の他人から影響を受けて生きて行くものだと思うし、そうやって自分も生きているんだな〜って実感しました。
>|