キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの作品情報・感想・評価・動画配信

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2002年製作の映画)

Catch Me If You Can

上映日:2003年03月21日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

4.5
・言葉ではない映像での説明
・主人公のあどけなさと憎めなさのあるキャラ
・捜査官の堅物だけど柔らかさもあるキャラ
・詐欺手口の鮮やかさと大胆さ、ハッタリと地道さ
・詐欺によって誰も傷ついていない(ようにみせている)
・少しのエロス
・単調にならないよう、ときどき時間軸を変える
・主人公の過去と孤独、父親への想い
・FBI捜査官との不思議な友情
・ラストの着地の心地よさ

ということがキレイに構成されていて、スピルバーグ映画作るの上手すぎ〜〜となった。
人参

人参の感想・評価

3.0
実話を元にしてるというのが、度肝を抜かれる。
天才って本当にいるんだな、、
ただ賢いだけではなく、度胸もあり、いついかなる時もずっと「あきらめない」
若くして凶悪犯罪者に“成り上がる”一方で、ただ我武者羅に、華麗に、二匹目のネズミに成り切ろうと、こなして“魅せた”のが素晴らしい。
嘘の中を“ひたむきに”生き続けた彼が、ずっと孤独だったこと。軽快さ溢れる、テンポのいい逃亡劇に、ずっと寂しさがついて回るのは、そのせいだと思う。

この天才に人生を狂わされた人、数え切れないほどいるんだろうね〜
最低で最悪、極々悪なのに、なんでこんなに“まっすぐで正しい”ことをしているように見えちゃうんだろうね。
その後、ご結婚もされてお子さんもいるみたいだけど、次はまっすぐで正しく、真実を生きていると良いな〜

フランクの父と、FBI捜査官のカール。
この二人の父親役が、個人的に印象に残る作品だった。
ルパン三世のようにもっとコミカルかと思っていたが、実話を元にしているだけあって、けっこう重かった。

このレビューはネタバレを含みます

レオナルド・ディカプリオは本当にどんな役もこなせるし、引き込まれる。
愛のある家族像を求めてたり、父親に車をあげて復縁を求めるシーンは母親に原因があるのかなぁ

父親にお金がなくって離婚してからの父親の悲しそうな顔が忘れられなかった。最後に嘘ではなく本当に立派になった息子の姿見て欲しかったな。

トムハンクスが親のように接してあげるところや、それに答えるべく嘘をつくのをやめてFBIに戻った所に胸が熱くなった。

手口が大胆なのでコメディー感が強くなるのに、実話っていうところが信じられないです。
JUN

JUNの感想・評価

-
過去鑑賞
うたは

うたはの感想・評価

3.8
ちょっと尻すぼみ感はあったけど、2人の関係性が面白かった
ゆのは

ゆのはの感想・評価

4.8
実話とは思えないほど痛快な犯罪劇。
流石スピルバーグ監督、展開が上手すぎる…!
フランク・アバグネイルは正直な嘘つきだ。かなり矛盾した表現だが、私はそう思う。
いやぁ、それにしてもよくあんな大胆な身分詐称して逃げ続けられたなぁ。
警察官がポンコツなのはクライム映画あるあるだと思うんだけど(私が観たやつがたまたまそうなのかも)、この作品も絶妙にポンコツ笑
ディカプリオ演じるフランクの変貌ぶりが見どころ。
すごく大きな事件を起こしているわけだが、最後まで一貫して「孤独を避けたい」というシンプルな目的で行動していることが見えて、共感できた。

そして何より自分の詐欺の経験が社会に役立てられるようになるという展開に希望がある。
orokamono

orokamonoの感想・評価

4.0
とんでもない実話の作品。公開時から十数年振りに再鑑賞。改めて観てもやっぱり面白い。当時の街並みのセットや衣装、メイク、小道具など細かいところまで拘るスピルバーグ監督の演出は流石としか言えない。
>|