ゴッド・ブレス・アメリカの作品情報・感想・評価

「ゴッド・ブレス・アメリカ」に投稿された感想・評価

序盤が凄く退屈で失敗しちゃったかなー…と思ってたんですが、途中から展開ががらっと変わってめちゃくちゃ面白く釘付けになっちゃいました。
常識人の悲しい普通のおっさんとイッちゃってるティーンエイジャー女の子、コンビの人殺し道中記って感じの映画です。

じゃんじゃか人を殺ししていってるのに妙に爽やかで笑えるシーンや小ネタが多くお腹抱えて笑っちゃいました!
哀愁漂うおっさんが凄くいい味を出してるんですよねー…そこにイッちゃってる女の子の行き過ぎ具合がちょうどよく合さることで何倍も面白くなってます。
二人の雰囲気も最高!

ラストシーンも特に切なくなるわけでもなく、目の前に流れているのは結構ひどいシーンなのにあはははと笑いながらスタッフロールに入っていくような、そんな感じです。全編通して流れる妙なまったり感が凄く心地良くて、とても良い作品でした!
たいち

たいちの感想・評価

5.0
今まで観た映画の中で間違いなくトップ5には入る神作品。この映画に出会えて本当に良かった。
メッセージ性が強いけど、コメディだから説教臭くなくて良いね。
多少のツッコミどころもあるけど、「面白い」が強すぎるからこの際どうでも良い。
余談だが、ヒロイン役の女優さんが個人的にめちゃくちゃタイプなのに、出演本数が少なくて悲しい……
Mii

Miiの感想・評価

3.3
リアルさを求めてはいけない作品。
まだ小さい娘はテレビに出てたわがままお嬢様にどんどん似て来て、もしかして、殺すの?と思ったら何もしなかったな。流石自分の娘と元妻。笑
爽快感?んーある程度は。

2018.4.17
アメリカの現代におけるストレス社会を風刺した、見事なブラックジョークが効いた作品です。
主人公はストレスを爆発させて、劇中で軽~く人々を銃殺していきます。人を殺す重みをまったく感じさせません。これが実に良いのです。もし主人公が人を殺すことの重さを感じさせたら、観るのにはシリアスすぎて苦痛を伴う作品になってたと個人的には思います。殺人シーンにリアリティがないから、洒落のきいたところが本作の肝ですね。とにかく頭を一発叩くようなノリで銃殺することでコメディとして成り立たせるんですから、センスがあります☆
作品のもう一つの要素は、主人公である中年男と若者らしい不満を持つ女子高生のラブストーリーです。この組み合わせでアメリカ社会の病巣は世代に関係なく、老若男女を問わない問題点なんだという主張も感じたりしましたね。「人種のるつぼ」と言われる国だからこそ、他人の迷惑を考えるより
自己のテリトリーを顕示することを大事にすることも必要なのでしょう…。
とにかく、これぞ異色作です☆
可愛い子だから画になるのさ
ericakee

ericakeeの感想・評価

4.2
モラルとか考えると、
色々ダメな所もあるけど
私は好きだ、これ
AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

3.5
マイケル・ダグラスの「フォーリング・ダウン」的なキレ方かと思いきや、コメディ要素もふんだんで面白い。アメリカのテレビや音楽のネタとかスラングが理解できればもっと楽しめるんだろうな。
痛快、爽快❕

おじさんと女の子がタッグを組んでムカつくやつら(本人基準)を撃ちまくるブラックコメディ。アメリカの今を憂う二人のガチトークがおもしろい。あえて今思うけど、やはりリベラルのほうが過激思想だなと。

ちゃんとイデオロギー自体は筋が通ってるので、共感こそしないが否定はできない。そして自棄っぱちだからこそのたのしさ。アメリカネタがわかってたらもっとたのしめたのかな。十分でしたけど。

おじさんと女の子の信頼と絶妙な距離感がとても好みだった。よく思うのだけど、好きなものよりきらいなものが同じ人との意気投合率はすごいと思う❕あっ、理解者いた❕的な笑
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2013/04/25 iTunes
感想川柳「ブチ切れは 分かるけれども ほどほどに」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

離婚やリストラに加え不治の病に悩み、心身共に限界を迎えつつあった中年男フランクは、自殺しようとした寸前、テレビのリアリティー番組に出ていたわがまま小娘の発言や態度に大激怒。翌日番組の撮影現場に向かい彼女を射殺したところ、その様子を目撃した女子高生ロキシーは彼の行為をほめちぎる。やがて意気投合した二人は、アメリカ各地にはびこる無礼者を退治すべく旅に出る…というお話。

なかなかブラックユーモアが利いた作品でしたね( ; ゜Д゜)

やもすればただの無差別殺人です(;´_ゝ`)でもよくよく考えると「くだらねぇな」と思うテレビ番組が溢れ、無礼な人間が増えてはいますけど、そこまでやらずとも…(´Д`)こっそり毒殺とかじゃなく、銃をブッ放すところが「アメリカ流」ですね。(´・c_・`)


普通だったら速攻で捕まるけど、野放しなのがコメディ(;´∀`)でもラストは…。

おかしいことをおかしいと言うことが狂ってるのか、おかしいと思いつつ順応することが狂ってるのか( ノД`)彼らの方法は間違ってるけど、考させられることは間違いない。(゜Д゜)

「くだらないテレビ番組や無礼な人間なんかスルーでいいよ」とは言っても、それが世の中を席巻し出したら大変なわけで( ; ゜Д゜)そういうことに反応が鈍くなる自分にも少し恐怖感。(´д`|||)

主人公はビル・マーレイの弟なんですねΣ(゜Д゜)

んでまず(^_^)/~~
>|