ふう

CUBE ZEROのふうのレビュー・感想・評価

CUBE ZERO(2004年製作の映画)
3.0
なぜか90年代初期のような映像と手作り感満載のゴア表現に、「えっなに、前日談だから映像表現から古めかしくしてるの!?すっご」
とか思ったけどあっという間にジュラシックパーク研究所感もゴアゴア表現も消え、いつもより超簡単出口探しへ。
死んだはずの脳筋は甦るのお約束はしっかりありましたね。脳筋は滅びぬ!何度でも甦るのだ!!

…このくらいのテンションとあたまわるーく見ると結構楽しめました。そして1作目を見たくなるエンドレスループ。

(全く関係ないのですが)
私の想い描くscpの下っぱ研究員とD職員とエージェントの雰囲気があったので、scp好きの方はそんな視点で見るとまた違うかもです。