mingo

白昼の通り魔のmingoのレビュー・感想・評価

白昼の通り魔(1966年製作の映画)
3.7
軽井沢、神戸、大阪、東京と撮影にロケを組み込んだヌーベルバーグの旗手大島渚らしい映画。大島組の田村孟脚本、役者に小山明子、佐藤慶、小松方正などの面子がもう色気ムンムン。
大島渚は演技より俳優の雰囲気でキャスティングしてたと言われているのがわかる面々。

物語的にはかなり強引な気がするが、時代が時代なだけに思想を詰め込むのに四苦八苦してたのが伝わる。
監督自身本作を傑作と謳っていたが、僕には青年がなぜ強姦魔になったのかを描いた「日本春歌考」の映画としての魅力にとりつくのが今のところ限界なので、本作と「絞死刑」は劇場で頑張りたい次第であります。