セブン・イヤーズ・イン・チベットの作品情報・感想・評価

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」に投稿された感想・評価

びび

びびの感想・評価

3.4
中国軍の軍服が日本軍に似てるように感じたのが気になる、、

宮廷の人々が驚くほど英語が堪能なのはなんか異空間すぎた気が
MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
実話とは言っても脚色されてるんだろうなぁ。少年のダライラマが賢明すぎて、美化されてるんじゃないかと。

第二次世界大戦中の欧州列国の進出と、戦後の中国によるだ弾圧。歴史に翻弄されるチベットの姿がうかがえて興味深いですが、映画としてそれ以上の感想は残念ながらないなぁ。
タカ

タカの感想・評価

3.4
記録(過去分)
結構好きだった
今観てる大河にちょっと近いのかな、感覚的にだけども

2018
sakkiii

sakkiiiの感想・評価

4.0
宗教は毒だ、といって相手への敬意も見せない共産党将軍。戦争と身勝手な侵略で、自由と命が失われる悲しさ。自分が上を目指そうとする西洋人の思想。もちろん発展は大事なんだけど、信仰を立てて、相手の幸せを願えることは素晴らしいことで、とても大切だと教えてもらえる。

生まれる前の歴史が分かる映画。文字で追うより見たほうがよく理解できる。興味深く、みんなに広く意見を聞きたい。

主人公のトゲトゲした心が、ピュアな平安な場所で洗われたことが救いだ。
Marquez

Marquezの感想・評価

4.0
内容が内容だけにチベットでは撮影できず、代替ロケ地がアルゼンチンと知り、その距離に驚いた。極秘でチベットに潜入撮影もしたとか。映画人の映画に賭ける熱意には呆れるほど。

誰とも相容れなかったハインリヒがチベットでの7年間で変容していく。ダライ・ラマ14世が少年ながら背負っているもの、それを理解していることに胸が痛くなる。立場が人を育てるということか。車の運転、ペーターの時計、別れのバター茶、オルゴール。珠玉のエピソードが情緒と深みを添えている。

ポスターの写真はハインリヒがチベットを去る時にポタラ宮を見上げる場面。表情が全てを物語っているような一枚。政治が絡むだけに硬いし派手な作品ではないが、個人的には傑作。よくぞ撮ってくれたと思う。
jumbo

jumboの感想・評価

1.2
白人が作った有色人種蔑視映画
Tommy

Tommyの感想・評価

3.8
夏休み53作目

所々に映し出される雄大な自然美。
平和を愛し仏教を重んじるチベットの文化と、無情にも侵略していく中国軍。
ダライ・ラマとハラーとの友情が育まれ、互いに成長していく過程は美しく、ラストにハラーが息子をそっと見つめるシーンには感動。
>|