Ruminda

PUSH 光と闇の能力者のRumindaのレビュー・感想・評価

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)
2.0
出てくる役者や初期設定は良いので、なんでこんな評価低いんやろと思って見たら、マジで置いてきぼり感がやばい😭

謎にしていいところとそうじゃないところがあって、、、変なところ謎にしすぎ。

能力の設定テキトーすぎ。

作戦の意味わからん。。(全員記憶消さないとじゃね?)

敵の意図がわからん。
母の存在も、重要な割にうす。

途中でこの人たちの目的なんやっけ??てなった。

名前忘れたけど、敵のムーバーさんが1番強くてかっこよかったです!笑