「PUSH 光と闇の能力者」に投稿された感想・レビュー

てくのすけ
てくのすけの感想・レビュー
2015/11/19
3.5
タイトルさえ知らなかったけど、面白い。超能力者たちの三つ巴の戦いの話で、派手な超能力バトルだけでなく敵の裏をかく頭脳戦や能力の相性によるせめぎ合いがたまりません。能力に名前があるのも熱いしキャストも豪華。舞台が全編香港というのが魔界感があってイイんですよ。

記憶を操るプッシャー、記憶を消すワイパー、追跡するスニファー、隠蔽するシャドーなど中二心をくすぐる設定。超音波を使うブリーダーの派手な水槽クラッシュ、物体の見た目を変えるシフターの能力の使いどころ、念動力のムーバーが能力を乗せて打つパンチなどビジュアルも面白い。

主演はクリス・エヴァンスが、なんと童貞じゃないぞ!さらにダコタ・ファニングにカミーラ・ベル、『GotG』コラス役のジェイモン・フンスーや『エージェント・オブ・シールド』のエージェント・メイも出てます。結構初めて観るような映像が多くて、普通ならあり得ない男女間でのトイレ格闘シーン、超能力ならではの二丁拳銃の使い方とかイイ。あの人はどうなった?という点もあるけど話もよく練られてるし、偶然見つけた思わぬ拾い物。
Arion
Arionの感想・レビュー
2017/03/15
4.0
クリエヴァのアクションはこの時からけっこうかっこいい
悟れアナンダ
悟れアナンダの感想・レビュー
2017/03/14
2.5
超能力をもった者達の戦い
何番煎じだよっていう作品

特に目新しい部分もなく
ストーリー、アクション、キャラクターすべてありきたり

映像的にも地味で面白味に欠ける

ダコタ・ファニングが可愛い
以上
ひろ
ひろの感想・レビュー
2017/03/13
3.0
スタイリッシュな映像を得意とするポール・マクギガンが、様々な超能力者の闘いを描いた2009年のアメリカ映画

「HEROS」とか好きな人ならこういう能力者同士の対決は好きなはず

“ムーブ”“ウォッチ”以外にも“プッシュ”(他人に異なる記憶を押し込む)、“シフト”(物体を別の物に作りかえる)など様々な能力が登場する

なんかひとつひとつの能力が、ずば抜けてすごい訳じゃないのが現実的な気もするけど、ストーリーに合わせて能力を設定しすぎてる感じがしたかな

ムーバー同士の対決なんか漫画みたいだったし、“ブリード”(超音波で攻撃する)の兄弟はなんか笑えた

物語の鍵を握るヒロインのキラ役のカミーラ・ベルがあんまりヒロインっぽくなかったのが残念

主人公のニックを演じたクリス・エヴァンスは、「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」といい特殊能力者の役好きだな(笑)

主人公の宿敵カーバー役のジャイモン・フンスーは存在感のあるいい俳優だ。
脇役で活躍してるけど、昔のサミュエル・L・ジャクソンを彷彿させる力があるね

1番びっくりしたのはキャシー役のダコタ・ファニングかな。
いつの間にか大きくなって子役の頃の雰囲気とは違ってきたね。

子役時代のイメージから脱却したいのか、最近は気の強い女性とか脇役で出演したりしてるけど、作品と配役に恵まれてない感じがする

天才子役の呪縛から解き放たれるには、大人になってからの代表作と言える作品に出会わないとね。

16歳って中途半端でいい役なさそうだから、彼女が20歳ぐらいになった時が楽しみだね
map
mapの感想・レビュー
2017/03/07
2.5
記録
ニャー
ニャーの感想・レビュー
2017/03/06
3.7
久々に鑑賞。

やっぱり超能力はいいなぁ(♡ˊ艸ˋ)
キャスティングがいい!能力に合ってる♪
それぞれの能力にメリット・デメリットがあって面白い!
個人差があるのもいいね( ¯∀¯ )
ダコちゃんはいつまでも幼いなw 13歳の役が務まるのは他にいないでしょ。
"ニック"が「キャプテン・アメリカ」だって事、今頃気付いた…
カミーラ・ベルのタレ目好きだわ(*´ェ`*)

ムーバー同士の接近戦はかなり見応えある♪ 銃弾弾き飛ばすとか最強やなw
マラソンマン
マラソンマンの感想・レビュー
2017/03/06
3.3
ロケ地の印象が強いからなのか、不思議な雰囲気が漂う映画でした。
Yasu
Yasuの感想・レビュー
2017/03/05
3.0
超能力者が米国のエージェントと戦うストーリーです。舞台が香港で中華感満載。ちょっと詳細設定が分かりづらいかな?
MioKaneaki
MioKaneakiの感想・レビュー
2017/03/04
3.5
SF好きだから面白かった
私も能力欲しくなった
続きみたかったけどないやつなんだね、、
>|