PUSH 光と闇の能力者の作品情報・感想・評価

「PUSH 光と闇の能力者」に投稿された感想・評価

タイトルさえ知らなかったけど、面白い。超能力者たちの三つ巴の戦いの話で、派手な超能力バトルだけでなく敵の裏をかく頭脳戦や能力の相性によるせめぎ合いがたまりません。能力に名前があるのも熱いしキャストも豪華。舞台が全編香港というのが魔界感があってイイんですよ。

記憶を操るプッシャー、記憶を消すワイパー、追跡するスニファー、隠蔽するシャドーなど中二心をくすぐる設定。超音波を使うブリーダーの派手な水槽クラッシュ、物体の見た目を変えるシフターの能力の使いどころ、念動力のムーバーが能力を乗せて打つパンチなどビジュアルも面白い。

主演はクリス・エヴァンスが、なんと童貞じゃないぞ!さらにダコタ・ファニングにカミーラ・ベル、『GotG』コラス役のジェイモン・フンスーや『エージェント・オブ・シールド』のエージェント・メイも出てます。結構初めて観るような映像が多くて、普通ならあり得ない男女間でのトイレ格闘シーン、超能力ならではの二丁拳銃の使い方とかイイ。あの人はどうなった?という点もあるけど話もよく練られてるし、偶然見つけた思わぬ拾い物。
SyunKyo

SyunKyoの感想・評価

3.2
設定も、ストーリーも良い気がするけど、
演出がイマイチなのかなー…
あーなるほどとか展開にちょっと関心するんだけど、いまいち興奮しない笑

最後の飛行機のシーンも、感動した・驚かされたというよりは納得とか関心とかそういう心境かなー


2017-48
Ellie

Ellieの感想・評価

-
観たこと忘れてた。

ダコタが可愛かったって記憶しかない。
とり

とりの感想・評価

2.5
スタイリッシュでビジュアル的に秀でている。クリス・エバンスはまだキャップになる前で、ポスト・ファンタスティック4モード。そこにまだ幼いくせにやけに大人っぽいダコタの演技が最高。
TOMATOMETER23%、AUDIENCE42%
The sci-fi thriller Push is visually flashy but hyperkinetic and convoluted.
まゆみ

まゆみの感想・評価

5.0
三流かと思ったけどめっちゃ面白かった
キャプテンアメリカのクリスエバンスとダコタちゃんのコンビが可愛い
能力者達が能力増強剤を手に入れるために争う
中国の敵にも未来を見通す能力を持つ人がいるから、決断をした段階で計画がばれてしまう
だから主人公は計画を全て手紙にしてみんなに渡して、ある時間になったら見るように指定
自分はその手紙の記憶を消してもらう
最後、うまく敵を騙せてハッピーえんど
ナナ

ナナの感想・評価

2.8
ダコタ萌えにつきる。
え、、、、、終わり、、、?ってなる終わり方でびっくりした。
>|