deenity

つぐないのdeenityのレビュー・感想・評価

つぐない(2007年製作の映画)
3.4
純愛ラブストーリーとかいう友達の紹介はそれ自体が伏線だったのね。題名がなんだったか忘れていました。笑

刻みのいいテンポ。それを急き立てるかのようなタイプライターのBGM。カメラワークや演技などかなりの秀抜さを感じた。スタートの地点では理解が遅れ、流れで見ていってしまったのが失敗した。見直すべきか…いや、やめておこう。でも見直したらきっと、評価あげるだろうな。

結局題名が全て。償いの話。でも結局自己満足以外の何物でもない。こうゆうところで同情してあげられない自分は心が冷たいのかもしれない。まあ胸くそ悪いのは仕方ないよな。でもそうゆうの、嫌いじゃない。

もったいなかったのはどこか感情移入できなかったこと。二人の思いも一展開あってようやく「あ、そんな思い強かったのね」って気づいたし、逆になぜあそこで冤罪を生むほどの感情になったのかもいまいちわからない。そこまでの感情の揺らぎは表現されてたのか?やっぱりもう一度見直した方が良さそうだ。