ネイビーシールズの作品情報・感想・評価

「ネイビーシールズ」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.7
2017年103本目。

現役のNavy SEALs隊員が出演し、登場する武器・兵器は全部ホンモノというリアリティたっぷりな映画。よくあるアクション映画のような派手な演出は無く、逆にそれが他のアクション映画には無いリアリティに裏付けられた緊張感を産んでいる。アメリカ本国では特殊部隊なのに色々見せ過ぎだ!という批判で物議を醸したらしい。しかしこれが本物だとすると今の軍隊(というか特殊部隊)って想像以上にテクノロジーヤバいな。
ガチだよー、リアルガチだよ
シールズがカッコいい!
序盤の敵地に乗り込み、人質奪還までの戦闘は圧巻!
ネイビーシールズカッコいい。
手榴弾身体で防ぐ気迫とかそんなレベルの意識わからん。

カッコいいが、その家族は生きた心地しないだろうな。誇りに思う。

このレビューはネタバレを含みます

特殊部隊の実態がリアルに描かれた作品でした。
最近立て続けにMIシリーズをみていたので、よりリアルに感じたかもしれない。
時々隊員の視点になるのも、リアルさをより感じました。
鑑賞後、本物の武器を使っていたり、本物のシールズ隊員が出演しているのを知り、なるほどなと納得。
手榴弾に覆いかぶさり仲間を守ったシーンも実際にあった事だなんて。

大尉が残したテカムセの詩を記録用に残します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
死の恐怖に侵されず人生を生きろ
人の宗教を貶めるな
他人の考えを尊重し
自分の意見にも尊重を求める努力をせよ
長く生き大切な人々に尽くせ
人生を愛し 満たすべく務め
   
朝起きる時には 生きる喜びに感謝せよ
感謝をする理由が見つからないならば、
自分自身の生き方に問題があるのだろう。
誰も、何者も蔑んではいけない
蔑むことは賢者を愚者へ変えさせるし、
正しい物の見方を失う。  

臨終に際しては
死の恐怖に囚われた者になるな
まだ時間が欲しいと後悔し嘆く者になるな
賛歌を口ずさみ
英雄の帰還するが如く逝け
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
てねけ

てねけの感想・評価

2.0
シールズの広報映画だと考えてもちょっと話が薄っぺら過ぎる。軍オタが本物の兵器や装備の数々をうっとり愛でるにはいい映画かもしれないけど、それ以上のものは何もない。
さ

さの感想・評価

4.0
記録
全体的に超いい。
実話ベースだからストーリーには期待ゼロだったけど、流れ超good。

銃撃戦がいちいち洗練されてる。
音をたてない工夫とか後方スナイパーがヘッドショットで一発一発きれいに撃つところとか、死傷者が少ない(?少なくはないか、)ところ。ナイスタイミングなロケット砲もgood。
隊員目線のお陰もあって戦いシーンはいままでみたなかでベスト。

シールズならではの空から降下とか潜水、偵察も見れて満足。
戦争映画は何本か見てるけど、シールズの映画は戦争映画あるあるの弱気な新人兵士とかいなくて、みんな勇敢で見ごたえあって好き。
HIDE

HIDEの感想・評価

3.4
シリアスでよいのですが、映画としては少し物足りなさがあります。
pinoco

pinocoの感想・評価

4.0
実話という事で心して観ました。
皆さんののレビューを拝見して、出演者の軍人、武器など本物という事を知り、やっぱりでしたぁと思いました。
本当にリアルで迫力がありました。
ラストシーンも泣けてしまいました。
命をかけて戦った方々のご冥福と遺族の方々のお幸せをお祈り致します。
>|