NARU

ギルバート・グレイプのNARUのレビュー・感想・評価

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)
4.0
若くして多く背負わされた青年ギルバート・グレイプ。
父は自殺し、過食症で引きこもりの母と、知的障害の弟、二人の姉妹と暮らしている。

ジョニー・デップが、ギルバートのやりきれない苛立ちやストレスを巧みに演じていました。
本作で世界に名を知らしめたデュカプリオの演技力にも脱帽。

原題「What's Eating Gilbert Grape」のEatingを、どう和訳するか。そして、劇中のカマキリの交尾の話……これを突き詰めると興味深いですね。
個人的に映画のテンポは苦手なのですが、ヒューマンドラマとして完成され、何度も観たいと思える秀作でした。