あきしげ

チャイニーズ・ゴースト・ストーリーのあきしげのレビュー・感想・評価

4.0
中国の古典小説が原作。
映画のジャンルは多々。

ベースにはホラー映画。
味つけにロマンス映画。
加えてアクション映画。
もちろんコメディ映画。
更にミュージカル映画。

本作はこのような作品。
色々詰まっている作品。

主人公ニンは借金の集金をする書生。
演じるのはレスリー・チャンである。
アイドル歌手として大人気であった。
本作の気弱なニンはハマリ役でした。

ヒロインのスーシンは幽霊。
演じるのはジョイ・ウォン。
本作で一躍トップスターへ。
美しく悲しいヒロインです。

蘭若寺に住む道士。
イン・チェッハー。
演じるはウー・マ。
主人公並みの活躍。

悪役で千年樹の妖怪ロウロウ。
演じているはラウ・シウミン。
男性だが声は女性という演出。

本作は香港映画の魅力を最大限に活かして、
様々なジャンルを少しずつ取り入れており、
エンターテインメントをところん追求する。

素直に楽しませようとする構成。
何も考えずに楽しむ映画である。

幽霊が題材だからホラー的な演出に、
男女の恋物語でもあるからロマンス、
香港映画だからカンフーアクション、
軽いノリで物語が展開するコメディ、
楽しいから歌って踊るミュージカル、

確かに安っぽいしひねりはない。
だけど、それが良い作品である。

特にイン・チェッハーのキャラクター。
本作を象徴している濃いキャラクター。
彼がいれば怖い物はないキャラクター。

何度鑑賞しても安心して楽しめるはず。
それが本作のエンターテインメント性。

成長する気弱な主人公。
悲しき運命のヒロイン。
頼れる存在である道士。
絶対的な悪である妖怪。

濃い登場人物たちとストレートな物語。
繰り広げる人間と幽霊の純真な恋物語。

♪道、道、道...我が行く道

MY-50