広島カップ

レイジング・ブルの広島カップのレビュー・感想・評価

レイジング・ブル(1980年製作の映画)
3.0
まったくデ・ニーロって人は何が楽しくて役者やってンでしょうね?
だって何でも簡単にできちゃうンですから。上手く演じられないジレンマなど彼には皆無ではないか、などとも思ってしまいます。

気に入らない奴がいたらすぐぶん殴る。ぶん殴らないこと以外に上手な問題解決手段を持たないジェイク・ラモッタ。自分自身でさえ気に入らない時には痛めつけてしまいます。
そんな性格(病気?)だから人生上手くいくわけなく、ボクシングとはラモッタにとって数少ない就労可能な職業だったのではないでしょうか?
ボクシングシーンについては、大晦日に本物をテレビで観ちゃったばかりなもんで、漫画チックで子供騙しに見えます。