落下の王国の作品情報・感想・評価

「落下の王国」に投稿された感想・評価

泳ぐ象や血に染まる赤い布、一面階段の壁など息を飲む美しい映像の数々。そして男が少女に自己を投影して語る物語が他者の介入によって変わるとき、その物語が生きる力となって現実に返ってくるという構造。物語の持つパワーを大胆かつ繊細に見せる。素晴らしかったです。

女の子はちょっとブーちゃんだけど可愛らしいし、美しい映像は全てあの女の子の想像の画なんだよね。周囲にいる人々が少女の想像力によって華麗に生まれ変わる。実在するのに異世界感ある風景、ビビッドな色使い、石岡瑛子のワンダーな衣装、全てが噛み合ってる。

リー・ペイスの憂いを含んだ表情もセクシー。わがまま眉毛がたまりません。ターセム・シンは『ザ・セル』も(話はともかく)映像が凄かったけど、本作は目の覚めるような色彩がさらに美しい。この邦題も良いです。
Cuma

Cumaの感想・評価

4.0
橋から落ちて骨折したスタントマンが病院で少女にお話を聞かせるどうしようもなく切ない映画。

物語は不幸のうちにも終わらせられるし幸せにも出来る。あえて不幸にする理由や救わせる理由を考えてしまった。

1カット1カットが写真作品のように洗練された構図でとても美しく、最初の白黒シーンから惹きつけられた。

ラストがとても好き。スタントマンという映画を支える役割のひとりの話だ、と思った。居ないかのような描かれる彼らは確かに存在して物語も持っている。
Supper

Supperの感想・評価

3.0
映像が美しい。
絵を観賞するみたいに音を消して観たい映画。

登場人物にはあまり共感できなかった…
現実とのリンクの仕方が陳腐。
宥以子

宥以子の感想・評価

5.0
制作側のやる気がみなぎってるのがめちゃ伝わる映画。最高。
受け止めやすい。
石岡瑛子氏の衣装も素敵。
映像美だけじゃなくてストーリー性がしっかりあって超好き。
リー・ペイスがハンサム。
KAREN

KARENの感想・評価

4.4
ルーマニア人のアレクサンドリアが下半身麻痺した俳優ロイと出会いロイがアレクサンドリアに自殺するために薬を持ってこさせるために作った話が彼女に希望を自分自身を救う話。

13の世界遺産、24カ国で撮影されてて、とっても綺麗!
こんなとこがあるんだ、行ってみたいなって思った!

ストーリーも面白くて、ロイが話をしてる時にアレクサンドリアが『キスは?キスしないの?』とかちょいちょい入れてくるのが可愛いかったですね😂

ロイが薬を飲んだ時あ〜運ばれてる…死んでしまった…と思ったら入れ歯のお爺さんで最後アレクサンドリアがルーマニアに帰ったとき、オレンジの皮の中にお爺さんの入れ歯を居れてオレンジの木のしたに埋めたのはほっこりしました!
ストーリー構成がおもしろい👍

連動してる感じもイイ👍

何より映像の✨綺麗さに目を奪われる👏👏👏
るじ

るじの感想・評価

4.3
大好きなんだよなー

一番好きな題名
R

Rの感想・評価

3.7
映像が美しい
ストーリーも癒された
>|