落下の王国の作品情報・感想・評価

「落下の王国」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
ファンタジー系の作品の中では一番好きな作品です!

ターセム監督の描く壮大な空想の世界、石岡瑛子さんの素晴らしい衣装。
素晴らしい。。。。

ストーリーは病院の中にいる青年ロイが同じく入院中の移民の少女アレクサンドリアに語る空想の物語を軸に展開されていく。

異国が混じり合う、時代も混同された美しい映像は、少女の頭の中で実際に逢った人間で演じられ、壮大なロールプレイングゲームのごとく進められていく。

アレクサンドリアはロイの作り出す物語にどんどんと引き込まれ、病院生活の中の唯一の楽しみとなってしまうのだが、ロイの目的は彼女を楽しませる為ではなかった。

失望や悲しみはそう簡単に彼自身に生きる喜びを戻してくれず、ロイの空想の物語は次々と絶望の方向へ行ってしまう。

彼の中で渦巻く自殺願望の手段が、皮肉にも少女からの無償の愛情を得る事になり、やがてロイの物語自体を救っていく救世主となる。

どのシーンを切り取っても額に入れて飾りたくなってしまう美しさ。
場合によっては子供っぽいファンタジーになりがちな映像がここまで芸術的な映像美で仕上がる事にはただただ脱帽。

映像の素晴らしさがどうしてもクローズアップされがちだがストーリーも、そしてアレクサンドリアの役をやった少女の演技の何とも愛らしい事!
演技だとはとても思えない片言話し方や、喜怒哀楽の表情は、それだけで目が離せなくさせてくれる。

映画を観ているだけなのに少女と同じように、不思議な魔法にかかったようにしばらくこの映画の事が離れない作品でした。
隠れた名作。

ジャケ借りで久々にヒットだった。

衣装がとても良い。

ロケにも相当こだわったようで、景色がとても綺麗。
前に観た「ライフ」も景色が綺麗と評判だけど、撮り方の違いなのかこちらの方が素敵に見えました。

特に内容はたいしたことないのに壮大な映像もバカバカしくて良い。
意外と心温まる系。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

4.5
病院に入院している青年ロイ(リー・ペイス)が少女アレクサンドリアに聞かせる創作話の世界がスーパー綺麗( ´▽`)世界遺産と風景と衣装が美しいすぎて、Blu-rayで観たいと思ったけど…めっちゃ高くて驚いた(;゜0゜)‼おとぎ話の世界も好きだけど、現実世界のロイとアレクサンドリアの会話のシーンが好きで、特に"魂の救済"の会話のテンポが良すぎないとこがリアルで良かったな。無邪気にベッドの上にポンッて上がってきて、話す二人がとても微笑ましかった。リー・ペイスの眼が優しくてちょっとホレた♡
まき

まきの感想・評価

4.5
ツイッターでも度々話題になっていて友達と鑑賞会しました。

2006年の作品なのに息を飲む映像美。13の世界遺産で撮影されたとあってCGでは表せない風景の数々。どこの映像を切り取ってもポストカードみたいでうっとりしました。

そこに石岡さんの衣装が画面の雰囲気を壊すことなく溶け込んでいて、もう神業ですね。

私はダーウィンのてんとう虫のような衣装と看護師さん(姫)が馬車から出てきたときの衣装が好きです。

主演のリーペイスは、ホビットでスランドゥイルとガーディアンズのロナンの人外キャラを演じている印象が強いですが、今作のロイは表面では優しい人を装いながらも心の闇を抱えている描写をうまく演じていたなと思います。

アレクサンドリアはとにかく可愛い。トトロのメイちゃんみたいで、山賊の衣装着て歩き回っている姿なんで「さんぽ」が流れてきそう(笑)

お話に登場する残りのキャラクターも個性があってとても良かった。ロシア人のおじさんがダイナマイト使うシーンは、ルパンのカリオストロの城を思い出して思わず笑ってしまった😂

ロイの話の続きが聞いてみたいな。

このレビューはネタバレを含みます

 
 
 
 
 
自宅にて鑑賞。ターセム脚本・製作・監督。錚々たる面子がスタッフに並ぶ。圧倒的な映像の力。ブルーバック等、技術的なハメコミを使わず、全て実際に現地で撮ったと主張する画面のロケは18箇国以上に上り、26箇所にも及んだと云う(ただしロケーション以外でのCG的なエフェクトは使用している)。出演者陣の演技も邪魔にならず壮大で綿密な画面が全てを包み込んでいる。息絶えた“ウォレス”が握っていたアメリカーナ・エキゾティカのシーンと映画界の先人達へのリスペクトに満ち溢れたラストは、不覚にも泣きそうになった。80/100点。

・ラスト近く病院関係者での試写会の席上で、L.ペイス演じる“ロイ・ウォーカー”が大怪我の元となったシーンがカットされてるのを観て、一瞬表情が強張るが、周りの人々の愉しむ様子に自暴自棄であったとは云え、この為に命を張ったと悟るシーンが秀逸で、『ニュー・シネマ・パラダイス('89)』を彷彿させる。また主要な登場人物が複数の役をこなしているのと、閉鎖された環境下での口物語が現実世界にも波及して来ると云うプロットは、大好きな『蜘蛛女のキス('85)』を想起した。

・鑑賞日:2011年12月1日
★☆ 某サイトより転載 ☆★
 
 
 
ll

llの感想・評価

5.0
ストーリー。映像美。リー・ペイス。

映像美に注目されがちかな?
と思うけど、
登場人物の心もすごくよく描かれていると思う。
とにかく映像美。馬鹿なのでそれだけでテンションが上がります。
物語のワンシーンがどこを切り取っても美しい
りん

りんの感想・評価

-
好き。絶対に私と同じ趣味の人は見るべき
本当に美しくて目が幸せな作品でした。
画の撮り方や色の使い方がすごい……常に画面が美しくて目が離せません。
ストーリーも好みでした。少女を操るためだけに考え始めた物語が、いつの間にか二人の物語に昇華しているの胸がぎゅっとします。現実が物語に干渉するのも良かった。

心の感性の窪みにピッタリと隙間なくハマる作品って滅多に出逢えないのですが、これは私にとってそういった作品の一つかもしれません。
🌟🌟🌟🌟✨
>|