落下の王国の作品情報・感想・評価

「落下の王国」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
ファンタジー系の作品の中では一番好きな作品です!

ターセム監督の描く壮大な空想の世界、石岡瑛子さんの素晴らしい衣装。
素晴らしい。。。。

ストーリーは病院の中にいる青年ロイが同じく入院中の移民の少女アレクサンドリアに語る空想の物語を軸に展開されていく。

異国が混じり合う、時代も混同された美しい映像は、少女の頭の中で実際に逢った人間で演じられ、壮大なロールプレイングゲームのごとく進められていく。

アレクサンドリアはロイの作り出す物語にどんどんと引き込まれ、病院生活の中の唯一の楽しみとなってしまうのだが、ロイの目的は彼女を楽しませる為ではなかった。

失望や悲しみはそう簡単に彼自身に生きる喜びを戻してくれず、ロイの空想の物語は次々と絶望の方向へ行ってしまう。

彼の中で渦巻く自殺願望の手段が、皮肉にも少女からの無償の愛情を得る事になり、やがてロイの物語自体を救っていく救世主となる。

どのシーンを切り取っても額に入れて飾りたくなってしまう美しさ。
場合によっては子供っぽいファンタジーになりがちな映像がここまで芸術的な映像美で仕上がる事にはただただ脱帽。

映像の素晴らしさがどうしてもクローズアップされがちだがストーリーも、そしてアレクサンドリアの役をやった少女の演技の何とも愛らしい事!
演技だとはとても思えない片言話し方や、喜怒哀楽の表情は、それだけで目が離せなくさせてくれる。

映画を観ているだけなのに少女と同じように、不思議な魔法にかかったようにしばらくこの映画の事が離れない作品でした。
kyk

kykの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

入院中のスタントマンの青年が少女に語るおとぎ話と現実の世界が交互に展開する物語。
まさしくおとぎ話のなかの様な無国籍感のあるユニークな石岡瑛子さんの衣装デザインも不思議で綺麗。
絶望して現実と物語のなかの自分を殺そうとしているロイをアレクサンドリアが鼓舞してロイが物語を書き換えていく結末が素敵。The Fallというタイトルの通り、これから何度も落ちることがあるかもしれないけれど、きっとまた立ち上がれるという希望の物語だった。
石岡瑛子展がとても良かったので印象に残ったこちらを見てみました。
想像通り、映像の構図がどのシーンも美しく、衣装が独創的で綺麗。ストーリーがすごい面白いとかはなかったけど、主人公の子役が可愛かったのと映像美。
Miku

Mikuの感想・評価

4.6

純粋無垢で夢みがちな少女
自暴自棄で空想的な青年
その2人だからこそ出来上がった作り話。

後半にかけて現実世界とおとぎ話の世界が重なってくる感じが好きでした。最初は気づかなかったけど現実世界の登場人物がおとぎ話のキャラクターになっているところなどは、潜在的で無意識に描かれる支離滅裂な夢の中のようで楽しかった。

そしてなんといっても映像美と世界観!
世界遺産を含む大規模で鮮やかな舞台はおとぎ話の世界、無垢な子供の想像の世界を表現しているようでした。
豪華絢爛な衣装もキャラを立たせていて目をひきます。

タイトルにもあるように「落ちる」ことがテーマとなっているようですが、何回落ちても(精神的にも物理的にも)立ち上がれる、そう教えてくれた映画でした。

生きる勇気と希望を与えてくれるやさしい作り話!
つん

つんの感想・評価

4.0
ずっと観たかった映画。

創作のBedtime Storyが現実とリンクして進んでいく。
映像美と美術や衣装がとにかく素晴らしい!
アート作品としてとても楽しめる。

ちょっと生意気な女の子が、個性的で、少し変わっていてすぐには彼女の良さを理解できないのだけど、どんどん愛らしく感じてくる。

悲しみのど真ん中にいると、一生そこから動けないと信じてしまうけど、時間ときっかけが助けてくれる。こともある。

もしかしたら、人生を終わらせてた人が、人生の救世主になったりもする。不思議な巡り合わせ。
kinotoushi

kinotoushiの感想・評価

3.5
語り部が物語を創作していく入れ子構造でストーリーが進んでいく。物語の登場人物は皆、語り部の世界に居る人物たちがモチーフになっている。最初それは語り部であるロイが内包するイメージで作られており、徐々に聞き手のアレクサンドリアが内包するイメージも混ざり合う。

聞き手の意見を取り入れながら進めば当然物語の流れが大きく変わるし、語り部が望めば悲劇的にも大団円にもできる。ロイの心象風景がそのまま物語の行方に反映されていくのが面白い。

リー・ペイスのくたびれた雰囲気がとても良い。今まで見た彼の出演作品は顔の表情がわからないものが多かったので、こんなに表情豊かな俳優なんだと改めて思った。笑顔も泣き顔もとても良い。

アレクサンドリア役のカティンカ・アンタルーがとても良い。子供特有の独特な間合いが意志の強さを感じさせる。何より笑顔が可愛い。

綺麗な衣装や風景が話題として目立つ作品ではあるが、病院という場所に漂う死の匂いや、子供の過酷な労働問題、スター俳優と違い決して目立たないが命懸けで作品に携わるスタントマンなど、掘り下げると興味深い要素が散りばめられている。

記憶が薄れた頃にまた見たい作品。
peco

pecoの感想・評価

3.6
子供の純粋な心は、疲れた大人を癒し希望を授けてくれる!

ベッドタイムストーリーの構成の難しさを学べる
リ

リの感想・評価

3.7
改めて

-
えぴこ

えぴこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オレンジ畑で落下した少女が、橋の上から落下したスタントマンから聞かされる復讐の冒険物語。

とにかくロケーションが壮大で、個性的な衣装も美しい。(なんだかジョジョ3部を思い出しました)

スタントマン、意気消沈しているのはわかるけど、少女に対してちょっと大人げなさすぎると思って冷めてしまいました。少女を危険な目に合わせてしまった自分の物語をたたんでしまおうと、旅の仲間たちがどんどん簡単に死んでいく。「どうしてみんな殺すの」と涙を流す少女と同じ気持ちです。果ては自分を投影した主人公まで手にかけようと。物語の中でも死ぬつもりなのね。

しかし途中から物語の中に参加していた少女(娘)に励まされて救われ、結果語り手のスタントマン自身も救われたのでしょうね。最後は病院のみんなで映画鑑賞会。実際の映画のスタントシーンが次々と流れ、現代みたいなワイヤーアクションやCGのない当時の人たち命懸けですごいな!と思いました。

全体として、画はとても綺麗だけど話はなんだか中途半端だな、という感想に留まってしまいました。
すえこ

すえこの感想・評価

3.2
話はわかりやすいんだけど、よくわからなかった。
>|