落下の王国の作品情報・感想・評価

「落下の王国」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
ファンタジー系の作品の中では一番好きな作品です!

ターセム監督の描く壮大な空想の世界、石岡瑛子さんの素晴らしい衣装。
素晴らしい。。。。

ストーリーは病院の中にいる青年ロイが同じく入院中の移民の少女アレクサンドリアに語る空想の物語を軸に展開されていく。

異国が混じり合う、時代も混同された美しい映像は、少女の頭の中で実際に逢った人間で演じられ、壮大なロールプレイングゲームのごとく進められていく。

アレクサンドリアはロイの作り出す物語にどんどんと引き込まれ、病院生活の中の唯一の楽しみとなってしまうのだが、ロイの目的は彼女を楽しませる為ではなかった。

失望や悲しみはそう簡単に彼自身に生きる喜びを戻してくれず、ロイの空想の物語は次々と絶望の方向へ行ってしまう。

彼の中で渦巻く自殺願望の手段が、皮肉にも少女からの無償の愛情を得る事になり、やがてロイの物語自体を救っていく救世主となる。

どのシーンを切り取っても額に入れて飾りたくなってしまう美しさ。
場合によっては子供っぽいファンタジーになりがちな映像がここまで芸術的な映像美で仕上がる事にはただただ脱帽。

映像の素晴らしさがどうしてもクローズアップされがちだがストーリーも、そしてアレクサンドリアの役をやった少女の演技の何とも愛らしい事!
演技だとはとても思えない片言話し方や、喜怒哀楽の表情は、それだけで目が離せなくさせてくれる。

映画を観ているだけなのに少女と同じように、不思議な魔法にかかったようにしばらくこの映画の事が離れない作品でした。
もっとファンタジーな感じかな、と思ってたので少しガッカリ……
出だしはそれっぽかったんだけどなぁ。。

親が子に聴かせる寝物語とは少し違って、死を想う男が気まぐれに子供に聴かせるので、話がそういうのとは違ってブツ切りで暗い感じ。そういうのは嫌いじゃないけど、あまりにブツ切りなので没頭しづらい。

映像は綺麗だったかな。
子供の泣き声とか、嘲るような動物の泣き声とか、知らぬ間に気分がめっちゃ下がってく感じがした。ロケハンのバイタリティに拍手。
elie

elieの感想・評価

4.2
ターセムシンのつくる世界は
素晴らしい.
Rin

Rinの感想・評価

3.9
映像美
CGなんか使わなくても、地球ってこんなにも美しいんだなとしみじみ
アレクサンドリアの無垢さに救われる
一発で目と心を奪われるビジュアル。おっさんと少女の絶望と再起を軸に世界遺産でロケをさせてくれ!という欲望をあますことなく伝えてくるリビドー猛る作品だ。
SaeOkamura

SaeOkamuraの感想・評価

4.9
わたしの人生の一本。
大好きな映画です
何度も観たくなる美しさ
koh

kohの感想・評価

4.6
「ザ・セル」が良かったので見て見たが、冒頭からシーンを切り取れる程美しい。

そして、監督の映画で常に衣装デザインを担当する石岡瑛子の、特に女性の衣装の美しさ。

彼女の死で監督の作風、代わりのきかないものを失ったことは、とても大きいのだと思う。

24ヶ国以上、13の世界遺産はあくまで監督の表現方法に使われているだけ。話も秀逸。

話を紡ぐ1人の主人公の女の子の可愛らしさ。紐が解かれる感じの気持ち良さ。

自分のやりたいことを具現化して、かつ創造性も高く、話も面白い。

凄すぎ。
極上の彩色美。

構想に26年・撮影に4年をかけた大作。

北京五輪開会式衣装ディレクター・石岡瑛子による斬新なコスチュームデザインや

世界各地の遺産や名所でのフィルミングで

誰も見たことのない世界観を生み出している。

ストーリーも唯一無二で面白い。
ひめの

ひめのの感想・評価

4.0
映像美に圧倒されます。景色も衣装もすごい。
鮮やかな虚構とぼんやりした現実の色彩の差がよいです。

最後のふたりのやりとりに、自然と涙がでました。演技が心に残ります。
一度では良さも理解しきれていないかも…また見たら色々と発見がありそう。
>|