落下の王国の作品情報・感想・評価

「落下の王国」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
ファンタジー系の作品の中では一番好きな作品です!

ターセム監督の描く壮大な空想の世界、石岡瑛子さんの素晴らしい衣装。
素晴らしい。。。。

ストーリーは病院の中にいる青年ロイが同じく入院中の移民の少女アレクサンドリアに語る空想の物語を軸に展開されていく。

異国が混じり合う、時代も混同された美しい映像は、少女の頭の中で実際に逢った人間で演じられ、壮大なロールプレイングゲームのごとく進められていく。

アレクサンドリアはロイの作り出す物語にどんどんと引き込まれ、病院生活の中の唯一の楽しみとなってしまうのだが、ロイの目的は彼女を楽しませる為ではなかった。

失望や悲しみはそう簡単に彼自身に生きる喜びを戻してくれず、ロイの空想の物語は次々と絶望の方向へ行ってしまう。

彼の中で渦巻く自殺願望の手段が、皮肉にも少女からの無償の愛情を得る事になり、やがてロイの物語自体を救っていく救世主となる。

どのシーンを切り取っても額に入れて飾りたくなってしまう美しさ。
場合によっては子供っぽいファンタジーになりがちな映像がここまで芸術的な映像美で仕上がる事にはただただ脱帽。

映像の素晴らしさがどうしてもクローズアップされがちだがストーリーも、そしてアレクサンドリアの役をやった少女の演技の何とも愛らしい事!
演技だとはとても思えない片言話し方や、喜怒哀楽の表情は、それだけで目が離せなくさせてくれる。

映画を観ているだけなのに少女と同じように、不思議な魔法にかかったようにしばらくこの映画の事が離れない作品でした。す
MYTN

MYTNの感想・評価

-
話のモチーフが映像中に散りばめられていて、少女が持つ宝箱の様に全て煌めいている
Miwa

Miwaの感想・評価

4.6
おとぎ話にふさわしい圧倒的な映像美にため息
ぴぴぴ

ぴぴぴの感想・評価

3.3
ターセム監督の映像美には毎回ため息が漏れる
Riho

Rihoの感想・評価

4.5
映像がめちゃくちゃ綺麗で話もどうなっちゃうの!?って感じで凄い引きこまれる。彼女を俳優に寝取られるわ骨折するわガン鬱のスタントマンが少女に語る空想のお話。少女が健気過ぎて号泣した。
なん

なんの感想・評価

3.3
どのシーンも綺麗
裏切りから捕らえられたシーンへの切り替わりがいい
まさ

まさの感想・評価

3.7
思ったより微妙だった。イマイチ入り込めなかったように思う。映像は綺麗ではあったけど、、って感じ。映画館で見れば違ったかもしれない。女の子の演技は自然で良かった。
撮影中の事故で脚を負傷し、恋人も去り、人生に絶望したスタントマンが、入院中の病院で知り合った少女にあることを頼むために、壮大な作り話を語り始める...。
13の世界遺産を含む世界24カ国以上で4年がかりで撮影されたという壮大なスケールの美しいロケーションが圧巻。
絶望に打ちひしがれた男の【作り話の世界】は、いつしか少女と彼の生きる希望になっていく。そして、ラストの少女の純粋な涙と必死な懇願は、涙なしには観る事が出来ませんでした!
男の絶望がお話の中で浮き彫りになっていき、それに対する女の子の純粋なやさしさが叫びとなり、おとぎ話と現実の世界がシンクロしております。。。
【ザ・映画】とゆうか、紙芝居とかにしても面白そうですね♪

ただ!人によっては全くこの世界観に入ってこれないんじゃないかな?(^_^;)とも思ってしまいました(-_-;)
>|