Ricola

右側に気をつけろのRicolaのレビュー・感想・評価

右側に気をつけろ(1987年製作の映画)
3.6
断片的な映像が繋がったりフラッシュバックみたいな映像が、なんだか夢の中みたいで不思議な感覚に陥った。

詩のようなフレーズがとても印象的。

冗長に感じるシーンも多かったが、好きなシーンも多かった。

特にガラスの扉のシーン。「西洋人の考えに、『生の世界』の部屋と『死後の世界』の部屋があるというものがある。それを隔てているのは一枚のドアだという。」(一語一句合っているかわからないが、たしかこういう内容)

理解しようとするのではなく、そのままを感じようとしてみたのでこの映画を楽しめた。相変わらず何言ってるのかわからないところばかりだけど笑