カティンの森の作品情報・感想・評価

「カティンの森」に投稿された感想・評価

het

hetの感想・評価

4.5
偶然、最近この事件についてのwikiを見たばかりだったので観賞
あまりにも作業的で、人が人ではなかった
実際の、当時の映像も流れた。死体の山
被害者の兵士たち視点、帰りを待つ家族の視点で描かれていたけれど
絶望と、不条理だけがあった。終わり方が残酷すぎた
ザン

ザンの感想・評価

3.9
戦時中の狂気。感情もなく流れ作業のように1人1人銃殺していく場面は恐ろしい。ソ連とドイツの強国に挟まれたポーランドの歴史や感情は、我々のような島国民族には全てを理解するのは難しいかもしれないが、この史実は認識して胸に留めておきたい。
今読んでいる「カチンの森 事件の真相」ではこの事件はナチスの犯行であるといっている。でも映画ではソ連軍の犯行であるといっている。ポーランド人はどちらが真実と思っているんだろうか
onotoraman

onotoramanの感想・評価

3.0
一つ前に見たサウルの息子みたいな新しさはなく終戦記念ドラマを見てる感覚で、少し自分の中で空振りしてる感じはした。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
ドイツがポーランドに侵攻、その後ソ連もポーランドに侵攻。第二次世界大戦下、実際におきた『カティンの森事件』(ポーランド将校の大量虐殺)をベースにした作品。アンナと旦那のアンジェイで話が進むのかと思ったら、ちょこちょこ他の女性の話になったりするので、誰なのかわからなくなった(^_^;)史実はどうなのかわらないけど、約22,000人もの人間を一人一人、頭を撃ち抜いていく流れ作業の殺し方が凄い…。
ラスト10分くらいが本当に苦しかった。
kiko

kikoの感想・評価

3.1
んー…。
son

sonの感想・評価

4.0
あのラスト、あの真っ暗な映像が一気に恐ろしさを増した。味方を装い近寄ってきては、自分たちの都合の悪いものを排除していくという行為。卑劣極まりない。英雄気取りで、事件を他の国に擦りつけたり、身内が殺されても暗黙の了解かのように事件を口にできない、異様な侵略であった。そして、この時のポーランドは、現代の日本と同じだ。わかっていて何も言わないのは、それに加担しているという罪。
>|