YokoGoto

スイミング・プールのYokoGotoのレビュー・感想・評価

スイミング・プール(2003年製作の映画)
4.2
フランソワ・オゾン監督作品は、まことに肌にあう。

フランスの田舎町に吹くそよ風や、暖かい木漏れ日の描写と、揺れ動く主人公の感情。
リンクするように表現された情景の描写が、極めて心地よく美しい。

未婚の女性作家の乾いた心と肉体。
そして、それとは真逆の豊満な肉体を露わにする少女。

乾いた心と肉体は、主人公の表情と質素なファッションで。
溢れんばかりの少女の色気は、計算されたボディラインで。

対比された女性の美の表現は、悪意を感じるほど衝撃的。

起承転結も完璧なプロットで構成され、全く中だるみしない。
しかもラストに待っていた、大きな衝撃。

ネタバレせずに書くのは難しいので、これくらいにしておこう。(笑)

フランソワ・オゾン監督作品に酔いしれた….