「スイミング・プール」に投稿された感想・評価

のび
3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画『スイミング・プール』は、主人公のミステリ作家サラが過去の自分と決別し、新しい自分に生まれ変わる軌跡をたどる物語ではないか。

どこまでが現実で、どこからが非現実なのかわからないところが、この物語の一番の特徴だ。非現実というのは、それが想像なのか幻覚なのか、あるいはもうひとつの現実なのか確かめようもないということである。そんな現実と非現実の境目が曖昧ではっきりしないところに、わたしたちは戸惑い、不安さえ抱いてしまう。いくらでも解釈の余地のある作品だ。

いずれにせよ、サラは別荘でジュリーなる存在に出会い、いくつかの出来事をくぐり抜けた。それはサラが新しい自分へ生まれ変わるために必要なものだったのだと言えるだろう。サラにとってはすべてが現実だったのだ。

だからこそ、サラは新しい自分へと変身を遂げ、作家としても新しい地平に向けて第一歩を踏み出すことができた。プールサイドでの出来事をくぐり抜けることで、古いサラは死に、新しいサラに生まれ変わった。その意味で、この物語は死と再生の物語だと言えるだろう。
昆布
3.5
後半から怒濤の攻め...パニック......
hiroyoshi
3.7
少し難解だったがおもしろかった!
良く出来てるね〜
最後に納得👋
好きだな〜!!!
リュディヴィーヌ・サニエ素晴らしいボディライン。
映像が綺麗でエロティックで現実か妄想なのか?って感じで良かった(^ ^)

リュディヴィーヌ・サニエのスタイルの良さと脱ぎっぷりが凄かった!
ロ
4.2

このレビューはネタバレを含みます

ばら撒かれた伏線について考察するのが楽しい
現実か虚像か空想か‥曖昧な境界が気持ちいい
ぽんず
3.9
終始ミステリアスで怖いわけではないけれど何かソワソワするような雰囲気がある
上司の娘役の女性がかつてないくらいとてもセクシーでナイスボディ😳
Aya
3.5
最後にしっかりひっくり返されて、えっ!??てなる人ばっかりだと思うなw
今まで観てたのはなんだったの?って
現実なのか妄想なのか?
なんかこう勝手に考えちゃって翻弄されるかんじ好きだなー( ´ ▽ ` )
Juliet
4.2
陽光きらめく南仏を舞台にしたエロティックでミステリアスなストーリー。
ラストで一瞬フリーズしたけどこの終わり方は素敵だった。

ちょっ、ちょっと待って💦
今のどういう事⁇

謎を投げ掛けてサッと引く。
このセンス、粋だな〜

監督からの、好きな様に解釈してね〜😊というメッセージが伝わってくる。
もう一度見直したくなる、そんな映画だった。

私たちはおそらく主人公サラの創作中のストーリーを観せられていたのだと思う。

完全な余談だけど、途中ジュリーが飲んでいたカフェオレボールがなぜかとても素敵に見えて、いいな〜♡私もあれで休日の朝にゆっくり飲んでみたい!と思い雑貨屋さんへ覗きに走ってしまった❣
>|