スイミング・プールの作品情報・感想・評価

「スイミング・プール」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画『スイミング・プール』は、主人公のミステリ作家サラが過去の自分と決別し、新しい自分に生まれ変わる軌跡をたどる物語ではないか。

どこまでが現実で、どこからが非現実なのかわからないところが、この物語の一番の特徴だ。非現実というのは、それが想像なのか幻覚なのか、あるいはもうひとつの現実なのか確かめようもないということである。そんな現実と非現実の境目が曖昧ではっきりしないところに、わたしたちは戸惑い、不安さえ抱いてしまう。いくらでも解釈の余地のある作品だ。

いずれにせよ、サラは別荘でジュリーなる存在に出会い、いくつかの出来事をくぐり抜けた。それはサラが新しい自分へ生まれ変わるために必要なものだったのだと言えるだろう。サラにとってはすべてが現実だったのだ。

だからこそ、サラは新しい自分へと変身を遂げ、作家としても新しい地平に向けて第一歩を踏み出すことができた。プールサイドでの出来事をくぐり抜けることで、古いサラは死に、新しいサラに生まれ変わった。その意味で、この物語は死と再生の物語だと言えるだろう。
kurin

kurinの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の娘の登場で今まで観ていたものがなんなのか疑いだす設定。若さへの嫉妬に苦しむ心象がよく出ている。虚構の世界のほうが最悪だけど刺激的なのは仕方のないことか。ジュリー演じる女優のあっけらかんのヌードが自信有り気でいい。この女がまたしょっちゅうプールサイドで寝ているのだ。若さの象徴表現か、羨ましい。大御所ランプリングは言うことなしの貫禄・熱演です。
AikoTanaka

AikoTanakaの感想・評価

4.3
思い出し考え出し観たくなるやつ。
若い身体に嫉妬する年頃になったものだなぁ。
takujuro

takujuroの感想・評価

4.5
最後の手を振る時の主人公のいい顔が好き
監督自ら正解は無いといってる作品。
僕はもっと切れ味ズバババババとしてる映画のが好みです。

映画も本もテレビもほとんど見ない知人が何故か気に入ってたので、鑑賞しました。
一色隼

一色隼の感想・評価

4.0
これはいつまでも印象に残ってる映画
全然有名じゃないのがつらい
フランス映画特有の静けさからのラストの異常さは俺の中ではユージュアルサスペクツ超えやと思うけど、共感してくれる人未だ現れず
シャマラン好きならどうぞ
ARiES

ARiESの感想・評価

5.0
別荘の景色やプールの映像が
凄く好きで、旅行した気分になる

娘のミステリアスな可愛さに憧れ
ストーリー難しいので
映画館で3回観ました👄

サウンドもミステリアスで好き😊

主人公の醜い心を覗いてるようで
物凄〜く、不思議な感情になる😊

見終わると
旅から帰ってきた気持ちになる😊

このレビューはネタバレを含みます

どこまでが現実か妄想かが分からなかった。
おっぱいブルンの金髪姉ちゃんを見れて良かったです。
seckey

seckeyの感想・評価

-
‪見たものが全てだと思っていたけど本当にそうだったのかと、無意識の認識に怖くなって少し気持ち悪くなった。‬
‪ただ、人の心はイメージと言霊で変わるから、どうせずっと解決しないんなら変な妄想はやめて自分をハッピーに導いてあげたいなぁと思った。‬
>|