ぽにょ

ヒックとドラゴンのぽにょのネタバレレビュー・内容・結末

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

2014'06.21
ドラゴンを怪我さして治してあげて仲良くなって村を救う話!(ざっくりすぎた)
まあ村を救いたいっていう共通の目的なんだけどドラゴンをみんな殺すか、それともドラゴンと協力して親玉を倒すか、ていうところで父と息子が途中で決裂してしまうわけですが、こうなってほしかった息子と違うから嫌いになってしまう、期待に応えてほしいっていう思いにこたえられなくて苦しい、でも違う形でなら向き合うことができる、みたいなところにグッときた。
おとうちゃんは自分勝手だけど、でもそれ相応の自分の思いがあるから一概に悪いとか言えなくて、そういうのが分かるような歳で観たんだな~…という気持ち。
あと映像がきれい~CGすごいよなあ。時代だよなあ…炎の表現とか、ドラゴンに乗っているときの描写とか。大画面で見たらもっと楽しんだろうな~。