ヒックとドラゴンの作品情報・感想・評価

ヒックとドラゴン2010年製作の映画)

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

「ヒックとドラゴン」に投稿された感想・評価

パッケージとタイトルで敬遠してた1作
大きな間違いでした
ストーリーは王道ながらヒックとトゥースの友情を素晴らしく丁寧に描いていたので普段泣く事はないのですが自然に涙が溢れてしまいました
またその感動も決して押し付けるような物ではないのも非常に良かったです

最初の方はヒックに対して少しイラッとしてた部分はあったのですがその後の成長っぷりにいつの間にか応援してしまい作品が終わる頃には好きな主人公になっていました

そしてなんといっても本作最大の魅力はそんなヒックと相棒になるドラゴンのトゥースです
もうとにかく可愛い
最初は当然ヒックにたいして警戒しているので目付きが鋭いのですが仲良くなるにつれ愛らしい表情をたくさん見せてくれます
飛翔シーンはスピード感満載でアトラクション気分が味わえるしバトルシーンもかなり迫力があるので是非スクリーンで観たかった

正直全く期待していなかったので度肝をぬかれました
新作、旧作合わせてたくさんの映画を観ていますが今年1番驚かされた作品です
Riko

Rikoの感想・評価

3.8
ヒックとトゥースの間に信頼関係ができ始めてからがワクワクする。ヒックがドラゴンの性質を深く知り、トゥースも心を開いていくところが見どころだと思う。大人も子供も楽しめる映画だと思います。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.7
【シリーズ強化月間②『ヒックとドラゴン』】

 自分の中にあるものを活かして成長し、他者と違うからこそ違う視点から敵を見ることができる。見方を変えれば敵にも事情があり、理解し合える存在であることも分かる。問題なのは「敵」をよく理解しないままに攻撃してしまうことなのだ。だから争いが生まれる。この辺は『リロ&スティッチ』と似てる。

 ただ、この争いも、過ちも正すことができる。親世代ではなく、新世代が新しい視点で「敵」と新たな関係を結び、親世代もそれを理解する。

 物語の語り口の手際の良さ、アニメーションの奔放さ、そしてシンプルな物語の中に多重的に要素が積み重なっているストーリーの素晴らしさ。噂に違わぬ傑作でした。
軽率

軽率の感想・評価

3.5
飛べなくなっちゃったトゥースレスはヒックがいないと生きていけないんじゃないかなとか、最終決戦までの親子の意思疎通のできなさとかがキツく感じたんだけど、それを補ってあまりある終盤の爽快感。バトルシーンも迫力があってすごく楽しかった。
pon

ponの感想・評価

4.4
アツい!子供向けアニメと侮るなかれ…みたいな良作は結構あるけど、これはその中でも上位に入るんじゃあないか?
Kaya

Kayaの感想・評価

4.9
ドラゴン可愛い❤️
陽

陽の感想・評価

4.2
小学校の頃かな?めっちゃ観てた
NNN

NNNの感想・評価

5.0
何度も観たくなる作品。
トゥースレス可愛い。2人の友情が好き。
golmiya

golmiyaの感想・評価

3.8
王道ストーリー、ほっこりしました。
>|